実家の米沢で、のんびり暮らす猫のもも。人の年齢なら百歳近いおばあさんですが、日々元気に過ごしています。そんな”もも”との日常を、ゆったりとつづっていきたいと思います。
http://michimon.blog84.fc2.com/
admin
 

プロフィール

みちもん

Author:みちもん
米沢市出身、米沢市在住。
家族は熊本県天草出身の夫が一人。

ももは、大きな病気や怪我をする事もなく、日々元気に過ごしていましたが、
2013年2月、突然のお迎えで、天国に旅立っていきました。
旅立つ時が来たから心臓が自然に止まったというような、静かで安らかな最期でした。
推定年齢25歳でした。

FC2カウンター

QRコード

QRコード

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
1週間前・・・

ずいぶん前から保護したいと思っていた野良猫さんを、ようやく捕まえる事ができました。

保護を目的とした”エサやり”を1年以上も続けていましたので、本当にホッとしました。

それもすごいおまけ付きで・・・

母ネコと同時に3匹の子猫まで捕まえる事に成功したんですよ\(^o^)/

子猫はすぐに病院へ連れて行き、レボリューションと駆虫、目やに、鼻水の治療、

母ネコは昨日血液検査と、ワクチンの接種を済ませる事ができました。

子猫の血液検査とワクチンはもう少し大きくなって、体力が付くまで様子を見る事になりました。


母ネコは福の妹分として、ウチに迎える予定ですが、

子猫は里親さんの募集をしなくてはと考えています・・・

皆さま、どうぞよろしくお願いいたします







ずっと保護したかったお母さん・・・
3歳半から4歳ぐらいで、子猫の時から知っている子です。
エイズも白血病も陰性なので、10日後に避妊手術です。
体重は2,7キロでした。
表情はまだとんがり気味ですが、スリスリしてくれる可愛いネコさんです。

DSCF7935-001.jpg




長女の三毛さん。(2,5~3ヶ月)
1番大きくて、保護当時、1キロありました(この写真は今日のものですが、その時より少し大きくなった気がします)
気の強さもダントツ1位で、保護して3日目ぐらいまで、目があっただけで”シャーシャー”いっていました
小さくても、する事は大人と同じ
ちゃんと毛繕いします。
母ネコも子猫も、私が用意したトイレを上手に使います(子猫は砂の中で遊びますが・・・
えらいね

DSCF8098-001.jpg
おばさん、それ以上近寄ったら、私、また”シャー”いいますから!



2番目に大きかった茶白君。
体重は900グラムの男の子。
おっとり型のグッボーイ。

DSCF8110-001.jpg



おばさん、そんなに”シャー”いわれたいですか!

DSCF8111-001.jpg"
おばさんは、あなたの”シャー”するお顔がかわいくて、たまりませんのよ~





1番小さな茶色くん。
体重は800グラム・・・
小さいから1番の怖がりさん
夫が近づくと、目にもとまらぬ速さで逃げるそうです(笑)
茶白と茶色は、目やにと涙目の猫風邪症状が出ていましたが、投薬でキレイになりました

DSCF8125-001.jpg





ビビりさんはお母さんと一緒

DSCF8127-001.jpg
今が1番幸せな時だね





3匹揃ってやりたい放題

DSCF8119-001.jpg






こちらは、このところ緊張気味の福ちん。
平穏な日々が一変したから、ストレス感じているよね。
ゴメンね
早くみんなと仲良くなって欲しいな~
母ネコにも子猫にも唸っています

DSCF8107-001.jpg




そんな顔しないでよー
お母ちゃんも悲しくなるよ~
あちらを立てればこちらが立たず・・・
いや~気ぃ遣っちゃうなぁ~

DSCF8114-001.jpg





バスタブの中を見るのは大好き

DSCF8104-001.jpg
さあ、福ちん、お2階で紐遊びして、ストレス発散しようか






水槽を見ると、優雅な気分に浸る事ができます。
バタバタした、目まぐるしい日々がウソのようです
キミたちだけだよ、私を別世界にいざなってくれるのは・・・

DSCF8006.jpg






この水槽で生まれたグッピーもずいぶん大きくなってきました。
みんな元気で、お母さんは、すごく嬉しい+゚。*(*´∀`*)*。゚+
お世話のし甲斐があるというものです

DSCF8011.jpg
うわぁ~、前景に植えたグリーンロタラがモサモサだわぁ
トリミングしなきゃ・・・
(成長が早く大きくなるロタラを前景に植えること自体間違いなのですが・・・)
スポンサーサイト
 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(5) 
 
Comment
 

ビックリです!

ご無沙汰している間にご家族が増えているe-451

お母さん猫、小柄なきらり(3.4kg)より更に小柄ですね。
やはり野良さんの生活は厳しいのでしょうねe-441
それにしても子猫ちゃんたちの猫種が
バラバラなのが面白いですねe-454

福ちゃんも子育ての経験ありそうなのに
もうすっかり忘れてのんびりしてたのねe-443

みちもんさん、ももさんや福ちゃんのおっとりさんとの生活が長かったから、
元気いっぱいの子猫ちゃんには少々お疲れ気味かな?
グッピーちゃん達に癒されてまた頑張って下さいね。

子猫ちゃん達に良いご縁がありますようにe-459

NAME:きらりの母 | 2016.07.30(土) 15:00 | URL | [Edit]

 

お久しぶりです。

ずいぶん前から気になっていて、何とかしたいと思っていたので、
今回の千載一遇のチャンスに感謝したい気持ちで一杯です。

子猫を病院に連れて行く時も、子猫といえどもすごい鳴き声と、
〇〇力で、3匹をキャリーに入れる時は、さすがの夫も
「こりゃ困ったな」と一瞬捕獲の手を止めて考えたほどでした。
母ネコの場合も何もかも初めての事ばかりですから、恐怖とショックで診察の時も帰ってからもパニックで、本当に可愛そうな思いをさせてしまいました。
6日の避妊手術のための病院行きが心配です。
できるだけパニックにならないように、毎日「怖いのはあと2回だけだから頑張って病院に行こうね」と言い聞かせている所です(笑)
猫にとって”家猫修行”は大試練ですよね。
のんびり福さんも何度か子育てしていますが、すっかり忘れてしまったようで、子猫にも唸ったり、シャーしたりしています。
早く仲良しになれますように・・・

母ネコは本当に小さく痩せていて、この体で何度も子猫を生んで育てるのは大変なことだったと思います。
母ネコの愛情をいっぱい受けて、子猫は幸せそうに遊んだり眠ったりして過ごしています。

3匹とも毛色も顔もみんな違って面白いですよね。
不思議です。

いつもありがとうございます。

NAME:きらりの母様 | 2016.08.01(月) 11:46 | URL | [Edit]

 

みちもんさん、ご無沙汰でした。

みちもんさん、やりましたねっ!!
お母さん猫と子供達、一斉に保護出来たなんて、本当に良かったぁ!
母猫子猫を一斉に保護するタイミングを狙って、ずっと関係を作ったり気にしてらしたのですね。
母猫は捕まえれたとしても、子猫が警戒して捕まえれなくなったらどうしよう…など考えてしまうものです…。
保護活動にご尽力の方には本当に頭が下がるばかりですが、
いざ自分が…という時、捕獲機も無ければ、慣れてもいない…。
色々と考えて、早く保護したいのに…と、思いは募った日々だったと思います。
本当にお疲れさまでした〜っっ。

母猫さん、小さな体、体重で、本当によく頑張りましたね〜。
これからは、みちもんさんちで体も心も幸せ太りしなくちゃですね^ ^

そして、可愛い子猫3にゃんず^ ^
性格が、表情や挙動に出ていて、主人と一緒に笑いました^ ^

"3匹揃ってやりたい放題"のコメントの後の写真の
茶色くんのビビってる姿勢に、主人が、可愛いなぁと笑ってました…^_^;

そして、福ちゃん…^_^;
これまた、写真の福ちゃんに、主人と、
『福〜^_^;』『あ…福ちゃん…^_^;』
と苦笑い^_^;
なんとも…心が表れた表情…。
可愛くて抱きしめたくなります^_^;
福ちゃんも、始めは戸惑うでしょうが、慣れてくれる気がしますね。
みちもんさんの文章に、先住福ちゃんへの愛情を感じます^ ^

うちのチビは、保護当時700g弱で、暫く成長を待って、避妊手術で病院行きましたが、あんなに懐いてたチビが、避妊手術明けは、目が鋭くなって、もう皆のこと信頼しましぇん!になってたのを思い出しました^_^;

とりあえずは母猫さん、頑張れ〜!
また、福ちゃんと、可愛いファミリーのご報告、待ってます!!

NAME:ひややっこう | 2016.08.01(月) 23:36 | URL | [Edit]

 

お久しぶりです。
いつも温かい言葉をたくさんかけて頂きまして、ありがとうございます。
母ネコが突然子猫を連れてきたときは驚きましたが、
全員を保護するチャンスをが巡ってきたようにも思われました。
いつも近所にいる大人ネコや子猫を見る度に、「また子猫を生んで育てる過酷な生活が死ぬまで続くんだろうなぁ、雄ネコはケンカで怪我したり、長生きできない命なんだろうな」と思わずにはいられませんでした。
今回の4匹の保護は長い間願っていた事だけに本当にホッとしました。
子猫3匹を一網打尽というわけにはいかず(当たり前でしょうが…)
子猫といえども暴れるのなんのって、今まで聞いたことがないようなすごい鳴き声とあらん限りの力を振り絞っての抵抗でした。
さすがの夫も「あいつらも必死だったよ、すんごい力だった」と驚いていました。
私は何をすればいいのかもわからず、1匹づつ入れたキャリーから出ないように抑えているぐらいしかできず、ただただオロオロするばかり・・・
今回も夫に感謝することしきり・・・
母ネコも、夫がサッと持ち上げてキャリーに入れたまではよかったのですが、診察台の上で大暴れ。
キャリーからそのままネットに入れられて、夫と看護師さん3人で抑え込んで、血液検査。
おもらしをしながら大暴れするので、バスタオルで包んで落ち着かせ、検査の結果を待ちました。
その後のワクチンもバスタオルをかぶせたまま終了。
帰って来てキャリーから出し、ネットを取ると天井までのカーテンを
猛ダッシュで上ったり下りたりを繰り返します。
驚いてパニックになった姿を見て、切なく悲しく”ゴメンネ”を繰り返す私でした。

あとは避妊手術の日にうまく病院に連れていく事ができれば、
メデタシなのですが、母ネコのパニックを思うと・・・

避妊手術明けのチビちゃんの様子を窺うと、やっぱりどこのネコさんも不安いっぱいで、時間をかけた信頼関係も一瞬で崩れてしい、
またそこから始めなければいけないんだなぁと思いますね。

家の中の様子が変わって、福にもストレスを感じさせていると思うので、ひややっこうさんがおっしゃっていた事を思い出しながら、
以前より、とにかく福が1番、1番大切で1番可愛くて、1番大好きという気持ちで接しています。
これは本当に大切な事ですよね。
今回すごく感じました。

頑張りますe-271

またご報告いたしますね。


NAME:ひややっこうさんへ | 2016.08.02(火) 13:53 | URL | [Edit]

 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NAME: | 2016.08.19(金) 18:44 | | [Edit]

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 二十歳猫 もも, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。