実家の米沢で、のんびり暮らす猫のもも。人の年齢なら百歳近いおばあさんですが、日々元気に過ごしています。そんな”もも”との日常を、ゆったりとつづっていきたいと思います。
http://michimon.blog84.fc2.com/
admin
 

プロフィール

みちもん

Author:みちもん
米沢市出身、米沢市在住。
家族は熊本県天草出身の夫が一人。

ももは、大きな病気や怪我をする事もなく、日々元気に過ごしていましたが、
2013年2月、突然のお迎えで、天国に旅立っていきました。
旅立つ時が来たから心臓が自然に止まったというような、静かで安らかな最期でした。
推定年齢25歳でした。

FC2カウンター

QRコード

QRコード

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
2014.09.06/ 15:40(Sat)
福岡に住む友人から「仕事で東京に行くから、久しぶりに会わない?」という連絡があり、

明日の夕方、共通の友人でもある、弟の奥さんも交え、女子会をすることになりました(笑)

(昔女子、の会ですが・・・)

場所は、新宿神楽坂

神楽坂といえば、料亭での会食・・・ではなく、

弟夫婦お勧めの、和食のお店です

神楽坂もすごく久しぶり~


なんといっても、友人に会うのはほとんど10年ぶり


待ち合わせの場所で、声を掛けられるまで分からなかったら、ちょっと悲しいわぁ~

それよりも、友人が気付いてくれなかったら、もっとショック

あ、でも、10年前と殆ど変わらない弟の奥さんが一緒だから、大丈夫かなぁ~

楽しみだわ


その時の様子は、次回お知らせ致しま~す






いつも寝てばかりの福ではありません
今回は珍しく起きています(笑)

カイカイかい・・・

DSCF1522.jpg




ボーっとした表情をしていますが、テレビを見ています

DSCF1524.jpg




もう少し、可愛い”目”できないかなぁ

DSCF1529.jpg



ここで、何してるのかなぁ~

DSCF1534.jpg
目がなかなかキレイになりません
無理やり、目薬を差そうとして格闘しましたが、
その後すっかり警戒されてしまい、しばらく私の膝にも乗って来ませんでした
こう見えて、なかなかの頑固者です


スポンサーサイト
 
Category: お出かけ。
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(8) 
 
Comment
 

福ちゃんの写真の、2枚目3枚目のお顔、好きです〜

2枚目の写真のお顔とか

『どーしたのよーそんなお目めして〜』とクスッと笑えて撫で撫でハグハグしたくなるんですよね〜

廊下で、何だかかたまってる福ちゃんも、背中の感じとか
たまりませんね〜❤

福ちゃんの目は、何という診断だったでしょうか…
前に記事にして頂きましたがすみません…。

福ちゃん自身が見え方とかストレスでなければいいですね。

目薬…
うちもおじじが目薬生活になった時ありましたが、

うちは主人が、おじじをガッチリ捕まえて、もがこうとも強制的に点眼^_^;

主人の点眼がなされてた時期は
主人と目が合うと、嫌な予感がするようで逃げ隠れてました、笑。

私がやると
舐めとんのか〜こら〜
の勢いで攻撃してきてました^_^;

でも、
点眼してくるのは主人。
私はしない
と、役回りがハッキリしてたので、

主人にだけ逃げればよく
私とは仲良く出来てたので

ご主人様だけが点眼係
みちもんさんは一切しない

とかだと、

福ちゃんの甘え先は保てますし、
みちもんさんのお膝にも、いつも警戒せずに行けるかもですね!

どっちの役回りも愛情ですもの〜!うふふ❤

福ちゃんの、座ったお目め、大好きでとても愛おしいので
またのせてください!❤

NAME:ひややっこう | 2014.09.16(火) 23:22 | URL | [Edit]

 

訂正です^_^;

正しくは
『福ちゃんの写真の、3枚目4枚目のお顔、好きです〜

3枚目の写真のお顔とか

『どーしたのよーそんなお目めして〜』とクスッと笑えて撫で撫でハグハグしたくなるんですよね〜 』

2枚目3枚目→3枚目4枚目でした!

2枚目の、ぼーっとテレビ見てるのも可愛いんですよ!特に3.4枚目…という事です!

うちは、テレビ、ぼーっとも見ませんよ…。
ほらっ鳥さんが…
と顔を固定させても、見てない…^_^;

失礼しました〜

NAME:ひややっこう | 2014.09.16(火) 23:32 | URL | [Edit]

 

ひややっこうさんへ

ご心配いただきまして、ありがとうございます。

福の目と鼻の不調は、アレルギー反応によるものだという事でした。
外で暮らしてきた猫なので、何に対してのアレルギーかは、
よく分からないそうですが、目薬を処方して頂いています。
やはり、目薬を差すと良くなっていたので、夫が無理やり、
なんとか、差してくれていたのですが、その度に大暴れして、
その後は、倉庫部屋に隠れてしまうという事の繰り返しでした。

目薬やお薬は夫の役目と決めていたはずでしたが、
夫もなかなかうまくできないことが多かったものですから、
ついつい、膝に乗っていた時、「今なら、私にもできるかも・・・」
なんて思ったのが間違いでしたねぇ。

上手くできなかっただけでなく、すっかりへそを曲げてしまって、
私の膝にも警戒して、乗ってこなくなった時期がありました。
この時は、「私は手を出すべきではなかった」と、とても後悔しました。
役割分担を崩してはいけませんね。
かかりつけの病院では、いつも同じ目薬と飲み薬ですので、
一度、別の病院で診て頂くのも、一つの方法かなと思っています。

私だけでも、福と仲良く、福が安心できる”お膝”でいなければいけませんものね・・・

愛嬌のない福の表情まで”かわいい””大好きよ”と言っていただいて、
嬉しい限りです。
福にはいつも「福を可愛い、愛らしい、いい子ね」と褒めてくださるのは、
ひややっこうさんと、パパさんとおじちゃん、おばちゃんだけだものねぇ~
と話しかけて楽しんでいます(笑)

いつも福を気にかけて頂いて、本当にありがたく、感謝の気持ちでいっぱいになります。
困った時、どうしようかと迷っている時、こうしたアドバイスを頂けるというのは、心強い限りです。
これからもよろしくお願いします。

福のストレスにならないよう、健康管理と維持を考えなければいけませんね。

NAME:みちもん | 2014.09.17(水) 10:37 | URL | [Edit]

 

いつも、福ちゃんが愛おしくて見てコメントしてるだけなのに、
ありがとう
と言って下さり、
こちらこそ、ありがとうございます。

主人も、
福〜なんや〜この表情!
と言いながら、愛おしそうな顔してます。
これは甘え顔や!
と偉そうに言ってますよ…笑

チビ〜福の顔しろ〜

と、チビに迫ってます、笑



違う病院で一度見てもらうというのは、良いかもしれませんよね。
今の病院が悪いという訳ではなく。

実はうちのおじじも、チビを保護して暫くしたら、目やにが出始め、そのうちにニャーという声も出なくなりました。
嬉しいはずのゴロゴロも、喉に違和感あるような表情や首を動かす仕草して…。

インフルエンザで、ほんの少し野良してたチビの菌がおじじにうつったようで、
おじじはワクチンしてた上に、チビを隔離してましたが、やはり、うつる時はうつるんだと実感しました。

初めにいった当時行きつけの病院で、目薬と飲み薬を貰いましたが、なかなか治らず。

ここなら安心と噂の病院に行ったら、直ぐに治りました。
でもこれはあくまで、一パターンですが…^_^;

目、耳、鼻、口は繋がってますし、治せるものなら治してあげたいですし、ストレスあったり後々他の器官にも影響出る可能性あるとかなら尚更何とかして、治せるものなら治してあげたいですものね…。

でも、長い野良生活してたし、そう簡単には治らず、上手く付き合っていくしかないとかなら、それはそれで、目薬との付き合い方を考えるだけですもの。

福ちゃんに、目やにがストレス無いなら…後々にその菌が影響しないなら…
ちゃんと目薬生活してた方がよいのか、そうでもないのか…

そればかりを想ってしまい、
聞きまくりの言いまくりの、自分勝手なウザいコメントですみません。

でも、ご飯足りないとせがむくらいによく食べ(笑)、豪快に寝てる福ちゃんは、目のストレス無いのかもしれませんね〜
たとえ少しくらい違和感あっても、今の、好きに食べて寝て甘えての、超幸せ〜な生活で、
『目?そんなのストレスにも感じないわ』
なのだろうな…とは思うのです^ ^

だって福ちゃん、甘えてるお顔、よくしてますもの。
普通の時のお顔と、甘えて嬉しい時のお顔は、違いますよね〜っ

目やにが出てても、福ちゃんの可愛さは変わりません!
長く過酷な野良生活だったのだと思うと、尚更、大事に愛おしくなります。

昔の話に戻りますが
2軒目の病院では、野良の子を保護したからその影響?…という同じ説明をして、みてもらい、今貰ってる目薬はコレで…と見せましたが、
『え?それ?違うよ〜』と、診断も説明も違った上に、
目薬のさしかたも『ここにチョン、これだけです。こうやって構えて〜』と、実際猫にしてみせながら教えてくれました。『やってみせて』と言ったからかもしれませんが。

福ちゃん、目薬をさしたらおさまりかけてた…との事なので、もしかしたら、同じ診断かもしれませんが、ちゃんとした説明を複数から聞くと、整理出来ますもの。

猫さんも、目薬とかその他の治療も、嫌がるかもしれませんが、嫌がる力、逃げる力や意思があるという事は、それは、イコール元気ハツラツという事です!

おじじは、あんなに強気でプライド高かったのに、私が点滴その他やっても、日に日に嫌がる力もそぶりも態度も出来なくなりました、意識はハッキリしてるのに。
でもまぁそれは、おじじが最期にくれた優しさだと思ってますから、うじうじはしてません!^ ^

人も動物も、治療やトライは、心身共に元気な時じゃないと、なかなか難しいですものね。

目やにが、見た目だけで、福ちゃんのストレスにもその後の影響にも何も関係しないのなら、
だったら福ちゃん、そのままで十分可愛いから、目薬無しでいいよ!と思うくらい、福ちゃんが大好きです。
でも、治した方が良いとか、上手く付き合いながら菌をへらしていきたいね…とかなら、
治す力も逃げる力もみなぎってる元気な内に、治療慣れも含めて、応援してます。

私は、野良生活してた福ちゃんの丸ごと大好きです。
見た目だけの治療なら、ストレスになるし治療不要と思うくらい、福ちゃん丸ごと大好きです。

福ちゃんが可愛すぎて好き過ぎて…もあるのですが
みちもんさんご夫婦がちゃんと考えて、福ちゃんをちゃんと見てらっしゃるのに
自己満足的に思う事を書いてばかりで、すみません。



NAME:ひややっこう | 2014.09.18(木) 00:56 | URL | [Edit]

 

ひややっこうさん

ひややっこうさん、いつもいつも福の事を気にかけて頂きまして、
本当に、本当にありがとうございます。
こんなに思っていただけるなんて、感謝の気持ちでいっぱいです。
嬉しくて、ありがたくて、私達は幸せだなと、心まで温かくなりました。

福の症状が良くならないので、別の病院に行こうと話をしていたところでしたので、ひややっこうさんのアドバイス、おじいちゃんとチビちゃんのケース、貴重で説得力のあるご意見、強く心に響いてきました。

今までお世話になったところとは別の病院ですが、早速、明日の午前中の予約を取ったところです。

ストレスを貯めずに、いつもご機嫌さんで、元気いっぱいに過ごしてくれる事が一番大切ですものね。

自分たちだけでは気が付かない事、独りよがりになってしまっている事、
不安に思う事というのはたくさんありますので、
今回のひややっこうさんのお話は、とても参考になりました。
心強いアドバイス、本当にありがとうございました。

病院の診察結果は、明日ご報告させて頂きたいと思います。

いつまでも元気でカワイイ福、可愛がっていただける福であり続けていられるよう、私達も、頑張らなくっちゃ!ですよね。

これからも、よろしくお願いします。

NAME:みちもん | 2014.09.18(木) 14:07 | URL | [Edit]

 

ひややっこうさんへ

今日、病院に行ってきました。

検査の結果、診断は、猫ヘルペスウイルス感染症(猫ウイルス性鼻気管炎)という事でした。

また、猫風邪に掛かってしまったようです。

ヘルペスウイルスに感染しているために、結膜浮腫と、マイボーム機能不全を起こしているそうです。
(マイボーム腺というのは、涙の成分である水分と同時に脂を分泌する腺だそうです。
目が乾かないように出る涙の成分は、水と脂なので、水を分泌した時に同時に脂が分泌されないと、目を潤す事ができずに、水分だけがながれてしまうらしいのです。
だからいつも、左の眼だけ涙が出ていたんでしょうね。

ワクチンの接種をしていても、何かストレスがあったり、
食欲が落ちたり、元気がなかったりすると、免疫力が低下し、
猫風邪が再発する事があるそうです。

福は元気いっぱいで、食欲もりもり、ストレスをためているようにはみえなかったのですが、免疫力が低下していたのでしょうか・・・

いろいろな感染症と闘いながら生活してきた野良ネコさんは、
完治させることが難しいので、薬だけに頼らず、与える食事の内容や環境を考慮しながら、感染症に負けない体力作りを同時に行っていくことが大切とのことでした。

しばらくお薬を飲んで、経過を見て頂くために、2週間後に病院に行きます。
お薬はやはり目薬と、抗生剤の飲み薬です。
抗生剤+消炎剤+インターフェロン含有の目薬は効果が高いので、
できるだけ頻繁に差すように指示されました。
夫は「嫌われても、寄り付かなくなっても、頑張って点眼するしかない!」
と言ってくれていますので、祈るような気持ちで、お任せするしかありません(笑)

それほどひどい状況ではありませんでしたので、一安心です。
ひややっこうさんに背中を押して頂いて、すぐに病院に行って本当に良かったと思います。
ありがとうございました。
心からお礼を申し上げます。

今日は、さすがの福も、今までにないような強い力で、
先生に抵抗していました。
先生もすごい力だね、と驚いていらっしゃいましたが、
でも、噛んだり引っかいたり、唸ったりしないから、すごくいい子だね、
とおっしゃっていました(これ、自慢です)
さすがに怖くて、嫌だったんでしょうね。
見ていてとてもかわいそうでしたが、いい先生に診て頂く事ができて、
感謝です。

ひややっこうさん、
これからも、福を見守ってくださいね・・・



NAME:みちもん | 2014.09.19(金) 18:46 | URL | [Edit]

 

みちもんさんへ

ひややっこうです。

知らなかったマイボームという言葉や、"〜機能不全"という、響きが嫌な単語に一瞬、え!何?!と血が逆流するような感覚でしたが、
詳しい説明まで書いて下さり、本当にありがとうございました。。

福ちゃんは、多分、日々のストレスは無いと思いますよ!
猫風邪は治りにくいと言いますから…。

(長生きしたももちゃんも、記憶違いじゃなければ…猫風邪でしたよね…)

体内にある猫風邪の菌が、時々元気に活動してしまうんでしょうね。
気温の変化や湿度とか…

でも福ちゃん、食欲旺盛で睡眠も沢山とれてるから、感染症に負けない体力作り…は、やれますね^ ^

免疫力を作るのもまずは、よく寝てよく食べ…
まずはそこでしょうから、それが出来る福ちゃんは、まず一つクリア❤

福ちゃんは今までもっとひどい状態でも戦って、勝ってきてますし、今は野良の当時と比べたら体力も格段にあります。

おじじも、点眼生活の時は、初めは、主人が通るたびビクビクしてましたし、逃げ隠れたのを主人に強引に引っ張り出されて、強制的に点眼されてました。

なかなか目も開けず、手脚をバタバタさせ、もがきまくりながらでしたが、主人はガシッと捕まえて目薬し…
日にち経つと、(相変わらず嫌がりはしましたが)
またか〜っと少し捕まるのにも慣れた感じ?になり、
それはおじじも、目薬をさす主人も、その双方がそれぞれ"慣れ"て、
主人もさすのが上手くなり(笑)
おじじもさっさと目薬さされて、逃げる方向へと、意識が向くようになり…笑

嫌な一瞬の時間ではあるけれど、猫さんにとっても"日課"の一瞬に、少しはなるんでしょうね。

何もやれない私ですが、私の持論は、
“知らない人に触られてやられてる訳じゃない、怖い場所(病院)でやられてる訳じゃない。私達がやる分だけ、ストレスは少ない、受け入れてくれるはず"で、

主人は主人で
"人間と一緒で、愛情持っとったら、嫌な事されたって嫌いにはならんと"
です^ ^

私は、目薬も何も出来ないくせに、悟ったような事を偉そうに言ってますけど…^_^;
と、主人にも側で言われてますが^_^;

福ちゃん、噛んだり引っ掻いたり唸ったりせず、さすが福ちゃん、ほんとお利口さんですね〜

福ちゃんの話を主人としてて
目薬や飲み薬も、福ちゃん慣れるよね?
と主人に聞いたら

福ちゃんが慣れる慣れないじゃなく、こっちがやれるかやれないかや。でもみちもんパパさんはやらすけん、大丈夫よ。
やるのはほんと大変なんよ。でも愛しとればやれるし、やけん福ちゃん大丈夫よ

と^ ^

何もやれない口だけの私なのに、
受け入れてくださり、いつもありがとうございます。。

これからもよろしくお願いします。。。

NAME:ひややっこう | 2014.09.19(金) 23:57 | URL | [Edit]

 

パパさん、ひややっこうさん、ありがとうございますi-199
おじいちゃんに点眼する時のお話、すごく参考になりました。
すぐに夫に話しましたところ、「助かったよ~、気が楽になった」と喜んでいます。
「嫌われるのは、覚悟の上だけど、オレの前に姿さえも現さなくなったら点眼どころじゃなくなるよなぁ」
と心配していたみたいなんですi-230
パパさんのお話を伺って、吹っ切れたというか、とにかく点眼だ!という事がはっきりして、勇気が出たというか、ホッとしたようです。
とにかく失敗の連続で、さすがの夫も「点眼は難しい」と弱気になりかけていたものですから・・・
嫌がる事も、何度も繰り返すうちに、少しずつなれてくれるかもしれませんものね。

”日にち経つと、(相変わらず嫌がりはしましたが)
またか〜っと少し捕まるのにも慣れた感じ?になり、
それはおじじも、目薬をさす主人も、その双方がそれぞれ"慣れ"て、
主人もさすのが上手くなり(笑)
おじじもさっさと目薬さされて、逃げる方向へと、意識が向くようになり…笑 ”
というひややっこうさんのお話に、私達も元気を頂くことができました。
”イヤな一瞬”ではありますが、”日課の一瞬”として受け止めてくれるようになると嬉しいなぁ~と思います。

ひややっこうさんだけでなく、パパさんにまで助けて頂きまして、
感謝、感謝です。
心に響く、そして心が温かくなるお話ばかりでした。

ちょっとしたことで、ウイルスの方が体内の免疫力より強くなって、
様々な症状が出てくることがあるそうですので、寒さに向かう、これからの季節、さらに気を付けないといけませんよね。

本当にありがとうございました。

また、お知らせいたしますね・・・

NAME:みちもん | 2014.09.20(土) 10:20 | URL | [Edit]

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2018 二十歳猫 もも, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。