FC2ブログ
実家の米沢で、のんびり暮らす猫のもも。人の年齢なら百歳近いおばあさんですが、日々元気に過ごしています。そんな”もも”との日常を、ゆったりとつづっていきたいと思います。
http://michimon.blog84.fc2.com/
admin
 

プロフィール

みちもん

Author:みちもん
米沢市出身、米沢市在住。
家族は熊本県天草出身の夫が一人。

ももは、大きな病気や怪我をする事もなく、日々元気に過ごしていましたが、
2013年2月、突然のお迎えで、天国に旅立っていきました。
旅立つ時が来たから心臓が自然に止まったというような、静かで安らかな最期でした。
推定年齢25歳でした。

FC2カウンター

QRコード

QRコード

2013.06.30/ 13:08(Sun)
早いもので、今日で6月も終わりです

もう、1年の半分が過ぎてしまったんですね



6月初めに米沢に行った時に、ミニトマトの苗木を買ってきました

4種類の小さな苗木でしたが、ベランダで順調に大きくなっています


夫も私も、ビールにもワインにも合う”カプレーゼ”が好きなので、

バジルも栽培しています


トマトの収穫が待ち遠しいなぁ~


でも、食べきれないほどのたくさんのトマトが生ったらどうしよう・・・

毎日毎日、カプレーゼを食べなくちゃいけなくなるかもしれません

それもちょっと困るなぁ~


その心配は収穫できてからにしろってかぁ~

・・・ですよね




黄色い可愛いお花が咲き始めました
どんな実がなるんだろう・・・

DSCF9984.jpg



こちらは、もう実がなっています。
一つだけ、実が赤くなりかけています。

DSCF9983.jpg



(福も毎日、ベランダのトマトの苗を眺めているんですよ)

福のお友達のクマさん
毎日毛繕いしてあげます

DSCF9735.jpg



仲良しです
可愛い可愛い、クマちゃんだものね

DSCF9737.jpg



久々のご飯風景

DSCF9768.jpg



目つき悪いなぁ~
普段はもう少し可愛いような気がするんだけど・・・(気のせいかもしれません)
カメラを向けると、ムッとするよね

DSCF9781.jpg



 
スポンサーサイト



編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
2013.06.26/ 14:00(Wed)
久しぶりの、お出かけ・・・


紫陽花を見に行きました

春のお花見は、毎年のように行っていましたが、

紫陽花は初めて


紫陽花は、しとしと降る雨がお似合いというイメージですが、

お日様に照らされた紫陽花も、はつらつとしたかわいらしさがありました。

ステキな気分転換になりました


鎌倉の紫陽花寺、明月院にも行ってみたいけど、ちょっと遠いんだわぁ~


毎日ジメジメとして、パッとしないこの季節、

”紫陽花めぐりのはしご”なんていうのも、悪くないかもですよ~





白い紫陽花、ステキでした

DSCF9916.jpg


このピンクも、すごく可愛いんですよ

DSCF9928.jpg


白紫陽花の集団も、いいねぇ~

DSCF9930.jpg


私、この紫陽花は初めてかもですよ・・・

DSCF9932.jpg


その、ピンクバージョン

DSCF9922.jpg<


これは、私も見たことがあります
レース編みのような透け感が可愛いくて、キレイでした

DSCF9927.jpg


花の色がすごくキレイだったのですが、
カメラと腕に問題があって、表現しきれていないのが残念です

DSCF9918.jpg




こちらは「花より団子」のお方・・・


お耳カイカイ・・・

DSCF9779.jpg


この体勢なら、夫の膝もOKなんですよ(笑)
そんな、ムーッとした顔しないで、もう少し嬉しそうな顔しなよー
耳、耳・・・

DSCF9889.jpg



 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
2013.06.16/ 17:24(Sun)
父の月命日にお寺様をお迎えするため、2か月ぶりに米沢に行ってきました。


弟夫婦と交替で、父の月命日に米沢に行く事になっていますが、

今までのように頻繁に行く事はなくなってしまいました。


庭には、雑草防止の為の玉砂利やレンガが、弟の手でキレイに敷き詰められ、

鉢植えの植物は、路地植えの庭木になり、

半年前まで、鯉や金魚が泳いでいた池も、玉砂利や植物をあしらって、お色直し

水の流れを感じさせる、とってもオシャレな枯山水風の庭に変身

(鯉と金魚は、欲しいとおっしゃって下さった方に引き取って頂きました)



「ただいまぁ~、遅くなりました」と言いながら玄関の扉を開けると、

「おー」とニコニコ笑いながら、迎えてくれる父の姿もありません。



「みちもん、早くお膝に抱っこして、ブラシしてよー」と待っているももも、もういません。



人が住まなくなった家とは、こうして無くなっていくのだという寂しさを、

改めて感じて、帰って来ました。


私が1人で、誰もいない実家に行ったら悲し過ぎましたが、夫が一緒に行ってくれて、本当に感謝でした


福は弟の家で、美味しいお刺身を毎日ご馳走になり、

私たちの寂しさとは違い、3日間、ご機嫌で過ごしたようです


かわいがってもらって、よかったね

嬉しいねぇ

みんなに、ありがとうだね




4日振りのお家で、リラックス
今日は、暑いね。

DSCF9885.jpg




いつもの、ヘソ天爆睡

DSCF9874.jpg




おいちいでしゅか

DSCF9907.jpg



時どき、こうして目をつむって鼻をピクピク動かしながら、
風の香りを楽しんでいます。
土の匂いや、緑の匂い・・・
米沢を思い出しているのでしょうか

DSCF9902.jpg



おっ、珍しくキリッとしてるね。
でも、なんか笑えるお顔なんだよね~
口かなぁ~、目かなぁ~、イヤ、首とあごのたるみかなぁ~
まぁ、全体的にという事でしょうか・・・(笑)

DSCF9895.jpg



 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
 
Copyright © 2013 二十歳猫 もも, all rights reserved.