FC2ブログ
実家の米沢で、のんびり暮らす猫のもも。人の年齢なら百歳近いおばあさんですが、日々元気に過ごしています。そんな”もも”との日常を、ゆったりとつづっていきたいと思います。
http://michimon.blog84.fc2.com/
admin
 

プロフィール

みちもん

Author:みちもん
米沢市出身、米沢市在住。
家族は熊本県天草出身の夫が一人。

ももは、大きな病気や怪我をする事もなく、日々元気に過ごしていましたが、
2013年2月、突然のお迎えで、天国に旅立っていきました。
旅立つ時が来たから心臓が自然に止まったというような、静かで安らかな最期でした。
推定年齢25歳でした。

FC2カウンター

QRコード

QRコード

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
2012.05.24/ 18:23(Thu)
火曜日、福は、退院後初めての診察でした。


診察台の上で、キャリーから出た福をご覧になった先生は、

「ふっくらしてきたねぇ~」

そして、

「口の中も、キレイに、順調に良くなってきているね」

とおっしゃってくださいました


これで、福はようやく口内炎の痛みから解放され、

今度こそ、元気だった頃の”福”に戻り、

普通の家猫さんの暮らしができるようになると思いました


初めて病院に行った時は、まさかこんなに早急に手術が必要なほど悪化しているとは思いませんでした。


先生が、


「これは、出来るだけ早く、全顎抜歯手術をしないと、治りませんね」

とおっしゃった時は、『えっ、そんなに急に

と驚きましたが、詳しい説明を受け、そして、安心感のある先生のお人柄にも触れ、

『こちらの先生にお任せしよう』と決心しました。


あの時、すぐに手術を進めていただいて、本当に良かったと、感謝しています。


迷っている時間が長ければ、福に、まだ痛い思いをさせる事になったと思います。


猫さんの歯肉炎や口内炎で悩んでいらっしゃる方は、

たくさんいらっしゃるのではないかと思います。


そんな猫さん達に、福のケースが少しでもお役にたてればと思い、

ご紹介させて頂きます(先生の許可も頂きました)。


福の口内炎を治していただいた病院は、こちらです。



今も福は、私の足元で、『スピー、スピー』と寝息を立てて、眠っています。
幸せそうな寝顔・・・

私も幸せ・・・


次回の診察は、3ヵ月後です・・・



大好きな、物置部屋で
寛ごうとしていたところでしたのに、
私に写真を撮られ、ちょっとイヤみたいです(笑)

CIMG5111.jpg




いつも、物静かで、おとなしい福
今まで、”シャー”も、ツメを立てたことも、噛んだ事もありません。
看護師さんたちにも、「福ちゃん、おりこうさんで、かわいいね」と、
褒めていただきました

CIMG5118.jpg




缶詰と、ササミをあっという間に完食です。
お腹が空いています(笑)

CIMG5120.jpg




これは、退院後間もなくの福です。
まだ生の牛肉だけを食べていました。
やはり、生牛肉は食べっぷりが違いましたねぇ~

DSCF9206.jpg




福の先生です

何でも安心してお任せできる、頼りがいのある先生です。
私達の心配にも、親身で、適切な対応をして頂きました。

IMG_7096.jpg


自由が丘にある、病院です
看護師さんも、やさしくて、ステキな方達ばかり

IMG_7099.jpg




 
スポンサーサイト
Category: 福の通院記録
編集[管理者用] Trackback(1) Comment(2) 
2012.05.20/ 13:30(Sun)
5月12日の午後、福は無事に退院する事ができました


夫のお迎えで、11日ぶりに家に帰ってきた福は、

その日の晩ご飯から、

まだ、食うんかい」と夫が驚くほどの食欲を見せてくれたそうです


福の、全顎抜歯手術は2時間程かかりましたが、

上下、前歯を含む全てを抜歯し、

炎症のあった歯肉部分も、レーザーメスで切除し、縫合していただきました。



猫の口内炎や歯肉炎の原因とメカニズムについては、

明確には解明されていませんが、

歯の歯垢や歯石に付着する細菌が拘わっていると言われています。

また、エイズや白血病などのウイルスが原因となる事も多く、

猫の持つ免疫力や抵抗力の強弱が関係し、

歯肉口内炎や歯周病などを併発するとみられているということです。


治療法としては、

歯垢や歯石の除去、口腔内の洗浄、抗生剤、

また、過剰な抗体反応を抑制する、『持続性ステロイド剤』

(傾向として、1回の投与で1ヶ月から2ヶ月効果が持続し、

費用も手ごろであることから、ステロイドを使う医師が未だ多いようですが、

福の先生は、ステロイドは使用していません)


逆に免疫力を高め、抗炎症作用のある『ラクトフェリン』

免疫力を調整する『インターフェロン』

そして、歯がなくなれば、

歯肉口内炎を悪化させる細菌の繁殖を押さえるのに効果があるので、

『全臼歯抜歯』『全顎抜歯』

等の方法があります。



若く健康な猫なら、自らが持っている免疫力で、

口の中を殺菌しているのだそうですが、

福の場合は、その肝心の『免疫力』の低下によって、

殺菌能力もなくなり、このように悪化してしまったという事です。


5年間の野良猫生活で、持っていた免疫力を、

全て使い果たしてしまっていたのでしょうね


じゃぁ、口内炎や歯肉炎の原因となる細菌を殺す免疫力や、

抵抗力をを高めるにはどうすればいいの・・・



私達の免疫力の60%は、腸内で作られるのだそうです。


そのためには、腸内の善玉菌を増やし、腸内をいつもキレイに保ち、

活性化させることが必要になってきます。


猫さんも同じなんですね。


『免疫力アップの鍵』は腸内環境を整える事なのだそうです


「腸内環境を整え、免疫力を高めるためのサプリメント等もいろいろありますが、

簡単な方法としては、ヨーグルトやオリゴ糖を与える事が有効です」

と先生はおっしゃっています

今はまだ、生のお肉しか食べる事ができませんが、

歯科処置後は、口腔内を汚さない事が第一となるので、

そのためには、生肉が最適なのだそうです。

今も、1日2回、50gずつ、合計100グラムのお肉を食べています。

でも、元気になった福には1日100グラムのお肉だけでは全然足りないらしく、

私や夫がお台所に立とうとするだけで、

どこにいても”スッ”と現れ足元にスリスリして、

ニャー、ニャーとお肉のおねだりです・・・

「1日の量を守って、100グラム以上は与えないでくださいね」

と言われていますので、空腹の福のおねだりは、すごく辛い・・・

”とにかく、火曜日まで頑張ろうね”

と励ましながら、大好きなブラッシングを何度もして、

ごまかしています(笑))



カリカリ、缶詰OKになった暁には、福のご飯にもオリゴ糖を入れ、

おやつには、蜂蜜入りのヨーグルトを食べてもらいたいなぁ~

と思っています


来週の火曜日、退院後初めての診察があります。


順調に回復しているといいなぁ~




長くなってしまい、申しわけありません。


元気になった福です
お顔も少しキレイになりました
口の臭いも、全然しませんし、
ヨダレで、口の周りが汚れていることもなくなりました。



いっつも、ご飯待ち・・・

CIMG5076.jpg


昨日、初めて私の膝に自分から乗ってきてくれました

CIMG5082.jpg



ももと一緒
ブラッシング大好き
大音量で”ゴロゴロ”言い続けます(笑)

CIMG5083.jpg



またもや、ご飯の催促・・・
晩ご飯まで、あと6時間だけ待ってね

CIMG5089.jpg



元気になってきたんだね。
外の様子がとても気になるようです。
ずっと、お外で暮らしていたんだものね・・

CIMG5094.jpg

火曜日、先生に診て頂こうね、
順調に回復していたら、
ご飯がもっとたくさん食べれるかもしれないよ~
だといいねぇ~



ももは、いつも元気


モモコがいませんので、
ゲート(笑)はいつも開けていますが、
ここから先は絶対降りてきません。

CIMG5056.jpg



もも、下に行ってみようよー
と言っても、ダメなんです。
私に用がある時は、大きな声で呼ぶんです・・・
”ニャ~ン、早く来てよー”と私が行くまで鳴きます

CIMG5061.jpg



階段をジッと見つめ、
下の様子をうかがうようにお座りしています。
ここまでなんですよ・・・ふふふ

CIMG5066.jpg











 
Category: 福の通院記録
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
5月1日、福は、口内炎の手術のため入院する事になりました。

入院する2日前から、食欲はあって缶詰は食べるのですが、

カリカリを食べる時、口を大きく動かしたり、手で口をこすったりして、

とても食べにくそうにしていました。

間もなく、缶詰も食べなくなり、大好きなササミしか食べなくなってしまいました。


これは、また口内炎か

と思い、口腔外科のある病院を捜し、連絡の上、自由が丘にある病院に向いました。


最初のステロイドの投与から、約1ヶ月経過していました。


診察台の上の福は、いつものようにおりこうさんで、

スムーズに、丁寧に診ていただくことができました。


口の中を診た先生は、

「これはヒドイなぁ~、歯と歯の間にも、歯茎との間にも膿が溜まってるねー」

とおっしゃって、

いずれにしても口内炎の完治は難しく、手術しなければ再発を繰り返すので、

手術で全ての歯を抜き、原因となる細菌の繁殖を防ぐ必要があると

説明してくださいました。


手術を前提とした検査結果も芳しいものではなく、血糖値が310もあり、

これは、通常の3倍以上の数値だそうです。

細菌が原因で熱もあり、肺炎になりかけていたというのですから、

もう、ビックリしてしまいました。

元気なんか出るわけありませんよね・・・

食べられなくなってから、あっという間の出来事でしたから、

まさか、そんなに悪化していたなんて・・・

痛かったのに、ガマンしていたのでしょうね。

福には申し訳ない気持ちでいっぱいでした


血液検査の結果、血糖値の上昇は、もともと糖尿病を持っていた事が原因ではなく、

前回のステロイド投与の影響で数値が高くなっていることが分かりました。

これが正常の数値になり、熱が下がらないと手術はできません。

血糖値や熱を下げ、水分や栄養、ビタミン剤を補いながら、様子を見る事になりました。



5月4日、先生から、血糖値も正常、熱も下がり、少し食欲も出来てきたので、

明日の午後、手術しますとの連絡を頂きました。

私達は、手術の前にとにかく福の顔を見たいと思い、先生の許可を得て、面会に行きました。

点滴のチューブをつながれ、エリザベスカラーをつけて診察室に運ばれてきた福は、

割合元気そうで、”福~”と名前を呼ぶと、可愛い声で静かに”ニャ~”と鳴き、

『怖いよ~、なんかヘンだよ~』とでも言っているような感じがしました。

「福、頑張ろうね、元気になって、美味しいものを、これからイッパイ食べられるようになろうね」

と励ますと、福はまた”ニャーン”と一鳴き。

”福、頑張るからね”と答えてくれているようでした。


夕方、先生から、「上手く行きましたよ、福ちゃんも元気ですよ」というお電話を頂き、

夫と二人、「よかった、よかった」と本当に安心しました。

1週間、張り詰めていた緊張がスーッと抜けていくように、気持も軽くなって、

私達も、ようやく食欲が出てきました。


その後も、毎日、先生と連絡を取らせて頂いて、福の様子をお聞きしていました。



5月7日、先生より

「手術の経過や、状態についてお話しますので、いらしてください。

福ちゃんにも会っていただいていいですよ」

とのお電話を頂き、早速福に会いに行きました。


入院スペースの福は、小さな酸素室に入っていましたが、

看護師さんが扉を開けてくださいましたので、夫が大きな声で、

「福、福、元気出せよ

と呼びかけると、福も、夫の声に答えるかのような大きな声で、”ニャ~”と鳴いて、

私達の顔を見てくれました。

実際に顔を見ると、安心するものですよね。


退院は、缶詰などの普通の食事が摂れるようになってからという事になるので、

もう少し先になりそうですが、ノラ生活が長かった割には、体力があるので、

そんなに時間は掛からないと思いますと先生もおっしゃっていました(ホッ)。


福~

先生に助けていただいたね・・・良かったね・・・これから元気になれるね。


もう少しの辛抱だよ、福・・・・


これからは痛くなく、美味しいものがたくさん食べられるからね・・


ガンバレ、お福

私は今日の午後の新幹線で、米沢に行きます

退院の時は、夫が一人でお迎えです。

早く、会いたいなぁ~



(手術の内容や、予防法、退院後の様子などは、今度新宿に帰ったときにお伝えしたいと思います)





3月に行った時に撮ったももです

ご機嫌さんです
私の後を、ずっとついてきます

CIMG5026.jpg



何かして欲しい事があると、私の顔をジッと見ます
この後は、抱っこ・・・ですよねぇ~

CIMG5028.jpg







1日も早く、またこんな風にご飯がおいしく食べられるようになるといいね

CIMG5036.jpg



4月29日、入院の2日前の福です。
このときもきっと痛かったんだね。
ゴメンね

CIMG5047.jpg




こうして写真を見てみると、
元気がなく、だるそうに見えるものね。
お腹が空いていても、食べられなくて、辛かったね。
痛くて、イヤだったね。
本当にゴメンね。

CIMG5051.jpg



 
Category: 福の通院記録
編集[管理者用] Trackback(1) Comment(8) 
 
Copyright © 2012 二十歳猫 もも, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。