FC2ブログ
実家の米沢で、のんびり暮らす猫のもも。人の年齢なら百歳近いおばあさんですが、日々元気に過ごしています。そんな”もも”との日常を、ゆったりとつづっていきたいと思います。
http://michimon.blog84.fc2.com/
admin
 

プロフィール

みちもん

Author:みちもん
米沢市出身、米沢市在住。
家族は熊本県天草出身の夫が一人。

ももは、大きな病気や怪我をする事もなく、日々元気に過ごしていましたが、
2013年2月、突然のお迎えで、天国に旅立っていきました。
旅立つ時が来たから心臓が自然に止まったというような、静かで安らかな最期でした。
推定年齢25歳でした。

FC2カウンター

QRコード

QRコード

2012.04.28/ 07:48(Sat)
4月19日、16時50分、犬のモモコが亡くなりました。

穏やかな眠りにつくような、静かな旅立ちでした。

モモコの最期を看取ることができ、本当によかったと思います。


体も大きく、おおらかな性格で、存在感のある子でしたので、

モモコがいなくなってしまった実家の台所は、ひっそりと静かです。


モモコが今まで私達に与えてくれた喜びと、愛に心から感謝したい気持です。


大型犬には珍しく、15年という長い寿命を授かり、

モモコも私達も幸せな時間を過ごす事ができました。



モモコのお骨は、米沢にあるペット霊園の合同慰霊塔に納められています。

山の中腹にあるその霊園は、見晴らしがよく、夏も市内の気温より2・3度低いそうなので、

暑さが大の苦手なモモコも、ゆっくり眠る事が出来るのではないかと思います。


今まで、モモコを見てくださった皆様、

『かわいいね、頑張って歩いているね、一所懸命食べてえらいね』

と暖かい言葉をたくさんかけて頂いた皆様に心から感謝申し上げたいと思います。


ありがとうございました。




私は、モモコの初七日を済ませ、一昨日新宿に帰ってきました。

心にポッカリとあいた穴を、米沢ではももが、新宿では”福”が埋めてくれています。


ありがとうね。




これからも宜しくお願い致します。





2007、モモコ

本当に、可愛いこでした。

CIMG1028.jpg



CIMG0979.jpg


2009モモコ。


CIMG1500.jpg

長い間、ありがとう。


 
スポンサーサイト



編集[管理者用] Trackback(0) Comment(6) 
2012.04.11/ 09:06(Wed)
春が来ました


”お福”にも来ました

山にも、里にも、野にも来ました

土曜日、新宿に帰る前日、米沢の"小さい春”を見つけました。


4月だと言うのに、米沢は毎日のように雪が降り、

寒い日が続いていたのですが、

でも、やっぱり春は来ていたんですねぇ~




福は今日も元気

CIMG5045.jpg




庭の片隅に咲いた"クロッカス”です。
もう、何十年も毎年咲いてくれます。
えらいねぇ~

CIMG5016.jpg


こちらは、春爛漫です。

一昨日は暖かく、絶好のお花見日和でした。
夫と散歩がてら、新宿御苑に行って来ました。


汗ばんでしまうほどの暖かさ

DSCF8979.jpg




ほぼ、満開という感じでした

DSCF8981.jpg







DSCF8986.jpg

入場前に持ち物検査があり、新宿御苑は、本当にアルコール類の持込禁止になりました
お花見に来た人たちも、やはりお茶やジュースではイマイチ盛り上がりに欠けるようで、
何となく、お行儀のよい静かな雰囲気の中で、お花見を楽しんでいるようでした

桜を見ながら、御苑の中を30分ほど歩いてから、”大阪王将”へ
お昼からギョウザやレバニラ、マーボ豆腐など頂きながら、ビールをがーんと飲んでしまいました
それなのに、「もう少し、別なお酒も飲みたいね」なんて言いながら、
近くのカフェへ
オリーブをつまみながら、久し振りにドライシェリー(食前酒ですが・・・)とワインを飲んで、
ゆらゆら歩きながら、帰って来ました。

福の心配や、モモコのお世話で、3日ぐらいの間に体重が2キロ程減り、
なんとなく疲れも溜まっていましたので、すごくいい気分転換になりました
お酒もおいしかったぁ~
禍福は糾える縄の如し・・ってかぁ~(笑)


これから、また米沢です



 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(4) 
2012.04.09/ 17:19(Mon)
一昨日、新宿に帰ってきました


福は、口内炎が良くなり、カリカリも食べられるようになって安心したのも束の間。

3月25の日明け方から、今度は嘔吐を繰り返し、吐くものが無くなると、血液の混じったつばを吐いたので、

もう、ビックリ

とにかく日曜日でも診察している、できれば猫専門の動物病院をと、夫が捜し、

高速を走り、新宿からは遠い江戸川区内の猫専門病院へ(吐いたものも持って)行きました

最初は、キャりーの中で消え入りそうな声で鳴いていた福ですが、

間もなく鳴き声もあまりしなくなってしまい、私は心配で生きた心地がしませんでした


診察の結果は、なんとお腹と胃の虫。

お腹の虫は、何度か検査しないと出てこないので、保護した時の検査ではたまたま出てこなかったのでしょう、

ということでした。

回虫駆除のお薬を飲ませていただき、レボリューション、耳掃除、

気になっていた、あごニキビの治療も済ませて帰ってきました。


しかし、元気の無い状態には変わりありません。


そして26日昼過ぎ、排便後のトイレを見ると、出血しています

オシリからも血が出ています

またもやビックリ仰天

担当医師に連絡の上、再び病院へ

オシリからの出血の検査結果では、特に異常はありませんでした。

脱水症状があったので、水分と栄養、ビタミン等を点滴、シリンジで流動食を入れて頂きました。

ご飯を食べないのは、歯肉炎の痛みがあるためかもしれないというので、痛み止めの薬と、

胃と腸からの出血を止める止血剤を飲ませて、少し様子を見てみる事になりました。

それでも症状がよくならなければ、他の病気の可能性もあるので、

その時は、詳しい検査をするということで、帰ってきました。


しかし、帰って来てから間もなく、流動食を全部吐いてしまい、ジッとしています。

食欲も無く、まだ出血もあります。

心配と不安で、私達も食欲を無くしてしまいました。


翌27日には、私は米沢に行かなければなりません。

米沢のモモコも食欲が無く、立つことも、自分で横になって寝ることもできないので、

誰かが付いていなければ、かわいそうという状態になっていました。


福のその後が心配で、後ろ髪を引かれる思いで米沢に来ましたので、

モモコのお世話をしながらも、気になって仕方がありませんでした。


幸いモモコは、私が立たせたり歩かせたりして水を飲ませたりしているうちに、

少しずつ元気を取り戻し、ご飯も食べてくれるようになってきました。


夫と連絡を頻繁にとり、福の様子をリアルタイムで知らせてもらいました。


28日朝、"今の福”の写真が添付されているメールが夫から届き、

福は回復の兆しを見せ、食欲も出てきたと言うのです・・・


いや~、嬉しかった~、安心した~

本当に、どれだけ嬉しかったか,ホッとした事か・・

その後も、福の順調な回復振りを逐一夫が知らせてくれました。


そして4月7日新宿に戻り、実際に元気になった福をみた時は、

体の力が抜けてしまいました。

4月の中旬に回虫駆除のお薬をもう一度飲まなくてはいけませんので、

その時に、ウイルスの検査もしようと考えています。


苦しかった日々を乗り越えた、福の生命力には素晴らしいものがありました

今までのいろいろ試練を乗り越え、福にもようやく春が訪れたのでしょうか・・・・

元気になった、福を見てください。
嬉しいんです


食欲がすごいんですよ。
食べます。食べます

CIMG5037.jpg



夫に抱っこされるまでになりました。
もちろん、無理やり抱き上げるんですが・・・
だから、すごく迷惑そうです

CIMG5039.jpg



本当にイヤそうな表情・・・
でも、えらいんです結構ガマンするんですよ

CIMG5042.jpg


ももも、相変わらず元気です。


ペロン、ペロン・・・

CIMG5030.jpg


あ~ん、とあくびです。

CIMG5032.jpg



得意の、すまし顔です

CIMG5033.jpg

仔猫の時から家猫になったももと、5年間も野良猫生活を送っていた福とは
全てが違うものだと、改めて感じます。


 
Category: 福の通院記録
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(4) 
 
Copyright © 2012 二十歳猫 もも, all rights reserved.