FC2ブログ
実家の米沢で、のんびり暮らす猫のもも。人の年齢なら百歳近いおばあさんですが、日々元気に過ごしています。そんな”もも”との日常を、ゆったりとつづっていきたいと思います。
http://michimon.blog84.fc2.com/
admin
 

プロフィール

みちもん

Author:みちもん
米沢市出身、米沢市在住。
家族は熊本県天草出身の夫が一人。

ももは、大きな病気や怪我をする事もなく、日々元気に過ごしていましたが、
2013年2月、突然のお迎えで、天国に旅立っていきました。
旅立つ時が来たから心臓が自然に止まったというような、静かで安らかな最期でした。
推定年齢25歳でした。

FC2カウンター

QRコード

QRコード

2009.10.03/ 16:13(Sat)
                                                    2009,10,03
私が米沢に来たのは、2005年の暮れだったのか、2006年の春だったのか、みちもんもみちもん父ちゃんも、正確に思い出せないんだって。二人とも老化現象だにゃ。
いずれにしても、とってもお年寄りになってからのお引越しだったわけです。
私は20才になるまで、病院には殆んど行ったことがありません。ワクチンの時が2回と、少し大きくなってからの避妊手術、健康診断です。
でも、4,5年前から、高齢猫の宿命でもある慢性腎不全になり、現在は腎臓サポート食のお世話になってるの。
米沢に来てからも、猫かぜになったり、便秘になったりと、時々調子を崩してしまいます。
でも、食欲もあるし、トイレハイで廊下も走れるから、まだ、まだ元気なんだと思います。
それに、血液検査の結果だって腎機能以外は特に悪いところはないんだって。
やっぱり、猫も犬も人間も、ストレスをためないことが一番かなー。
でも、私にもちょっとストレスになる事があるにゃ。
それは、私を拾って育ててくれた、みちもん父ちゃんなのです。
私が猫ベットで気持ちよく眠っている時でも、いきなり抱っこして、私の顔のまん前で口をガバッと開けて、食べようとするんだにゃー!信じらんにゃい!
朝、みちもんのお布団に入ろうと思って、枕元をに行ってちょいちょいしていると、隣で寝ていたみちもん父ちゃんが、これまたいきなり私を抱え込んで、無理やり自分の布団の中に入れて、そのまま出してくれないんだよー。
やっとの思いで、ようやく脱出して、みちもんお父ちゃんの所に避難します。でも、ここで安心しちゃいけにゃいの。もう大丈夫と思って廊下に出ると、障子の影に隠れていて、またまた私を捕まえようとします。私が逃げようとすると、走って追いかけて来ます。ホントうざいの。それでも私はひたすら我慢。だって、命の恩人なのにゃ!

CIMG0203-1.jpg
かわいそうな私①


CIMG0971-1.jpg
我慢の私

CIMG0976-1.jpg
ちょっと気を抜く私

070819_061009-1.jpg
気持ち良くなってきちゃった。 
スポンサーサイト



編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
米沢からです。
今日のお天気は午前中は曇り、午後からは雨で、最高気温は22度との事です。
おっと、雨が降り出しました。静かなひと時です。「猫もも」も、「犬モモコ」も、
それぞれのお気に入りの場所で眠っています。姫様方から、しばし解放され、
ホッと一息、コーヒーブレイク中のお世話係の私は、今晩は、何を肴にビールと日本酒を戴こうかと思案中(ほかに考えることないかなー)。
米沢は四季を通して、美味しい食材のあるところです。新宿と行き来するようになって、改めて感じます。新鮮で良質なものが、安い!野菜、果物、魚、肉、何でも豊富にある。これが、いい!
和風だしの米沢ラーメンもうまい!うーーん、どう考えても、ふとるなぁー。

話が大きくそれてしまいました。すみません。
さて、なぜ新宿から米沢にお引越ししたのかという話題に戻ります。


みちもんが米沢に行くと、みちもん父ちゃんも、仕事が休みの時は米沢に行ってしまうので、私はその間一人新宿で、3~4日お留守番させられていました。私のご飯や、トイレのお掃除は、みちもん弟や妻にお世話してもらっていました。。
でも、そんな生活が何ヶ月も続くと、寂しくて、ストレスがたまってしまって、ウンチをトイレ以外の所に何箇所もしてしまったのです。
そして、みちもん達が帰ってきた時は、嬉しさや、不安や、心細さが一度に押し寄せてきて、抱っこしてもらったんだけど、ずっと震えが止まらなくなってしまいました。
その様子を見ていたみちもんと父ちゃんは「これは大変!こんなにストレスになっていたなんて!1人で留守番させるのは、もう無理!いつも誰かがいて、ちゃんと世話をしてくれる米沢に連れて行こう!」ということになり、車で330キロの道のりを、5時間かけて終の棲家となる米沢に到着したのでした。

CIMG0950.jpg
初めての米沢のお家。2階のお部屋を見てまわらなっくちゃ。

CIMG0951.jpg
今日からはここがトイレだにゃ。爪もここで研ぐんだにゃ

CIMG0956-1.jpg
ここから出ちゃいけないんだよね。下には怪獣がいるからね。

続きは、また明日お付き合いください。 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2009.09.29/ 16:20(Tue)
お引越しの理由

今日は、住み慣れた新宿から、米沢に来たわけをお話します。

2005年の11月に、みちもんお母ちゃんが亡くなって、みちもんお父ちゃんが一人っきりになってしまったからです。
お家のことは、全てみちもんお母ちゃんが切り盛りしていたので、みちもんお父ちゃんは、家事をした事がありませんでした。

みちもんお父ちゃんは、当時83歳でしたが、5~6年前から降圧剤を服用していましたし、なにぶん高齢の父親に家事の基本から説明するというのも難しい・・・。
そこで、みちもんとみちもん父ちゃん、みちもん弟と弟の妻が話しあって、交替でお父ちゃんをサポートしていく事になったわけです。
だから、それ以来みちもんは、新宿に10日、米沢にも約10日というローテーションで、行き来しています。


新宿にて

CIMG0579.jpg
電子レンジの横にお座り。何か見つけたの?


CIMG0484.jpg
カリカリも缶詰も食べちゃった~。空っぽのお皿を、ジーッと見つめて、ちょっと怖いかも。

CIMG0548.jpg
見つめていてもダメみたいだから、レジ袋の上で、リラックス。

 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2009.09.28/ 17:30(Mon)
お引越し直前の私です。

CIMG0200.jpg

CIMG0485.jpg

さあ、明日から、大変!猫の手も借りたいですよ。

CIMG0347-1.jpg
 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 

昨日の続きです。

そんな訳で、私とモモコちゃんは、 1階と2階で住み分けができています。

モモコちゃんには、猫の他にも嫌いなものがあります。カラスです。

高齢になって、お散歩が苦手で、一日中お家の中にいるモモコちゃんですが、 電線にカラスが一羽でも止まっているのを見つけたら、もう大変!

「わんわん、わんわん」が止まらなくなってしまいます。 カラスが飛んで行って、いなくなるまで続きます。時には20分も続く事があります。

50キロ近い体重だから、声もすごく大きいのです。最初はびっくり!今もやっぱり、ドキドキしてしまいます

080515_110948.jpg 

特に、こんな、おねむの時は静かにして頂きたいものです。


 

編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Copyright © 2019 二十歳猫 もも, all rights reserved.