FC2ブログ
実家の米沢で、のんびり暮らす猫のもも。人の年齢なら百歳近いおばあさんですが、日々元気に過ごしています。そんな”もも”との日常を、ゆったりとつづっていきたいと思います。
http://michimon.blog84.fc2.com/
admin
 

プロフィール

みちもん

Author:みちもん
米沢市出身、米沢市在住。
家族は熊本県天草出身の夫が一人。

ももは、大きな病気や怪我をする事もなく、日々元気に過ごしていましたが、
2013年2月、突然のお迎えで、天国に旅立っていきました。
旅立つ時が来たから心臓が自然に止まったというような、静かで安らかな最期でした。
推定年齢25歳でした。

FC2カウンター

QRコード

QRコード

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
2012.10.05/ 14:55(Fri)
秋の気配が色濃くなってきた米沢は、

日中は暖かいものの、朝晩は冷え込み、

厚手のトレーナーにウールのカーディガンが欲しい季節になりました


”ももハウス”にも、ホットカーペットを入れ、冬仕度の準備開始です。



今年の夏は、本当に長くて暑かった


ももも、35~36度という気温が何日も続いた時は、少し元気がないようなので、

エアコンのある父の部屋に連れて行くのですが、すぐに出てきてしまいます。

(新宿にいる頃からエアコンの冷風が嫌いで、風が来ない部屋に移動していました)



熱中症になったら大変だと思い、

「気に入ったら、使いなさいね」等と声をかけながら、

ももの頭やお腹の辺りに、気休めの保冷剤を置くのですが・・・

使っていたかどうかは不明です(笑)


でも、病気にもならず、

今年も、この暑さを乗り切る事がきました

ももパワーには、脱帽


お年を召したせいか、甘えん坊振りにも拍車が掛かってきましたが、

元気な毎日を過ごしています


福に比べると、ももの体は、手も足も小さくて、軽くて、

食べるものも、量も何もかも少ないのですが、

鳴き声だけは、福に負けていません。

福は、体の割りに小さくて可愛い声でか細く鳴きますが、

ももの声は、驚くほど大きくて、背後で突然ニャーーンと鳴かれると、

心臓が飛び跳ねそうになります

大きな声で、自分をアピールし、何かを要求するという事は、元気な証拠

安心します

この調子だと、まだまだイケそうだね~、もも・・・

長寿の秘訣は、なんだろうねぇ~


福にも、是非見習って欲しいとつくずく思います




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





もものお家
ここが恋しくなると、寒くなったということね・・・

DSCF9419.jpg





定位置。
低反発まくらがお気に入りです。

DSCF9422.jpg



おくつろぎ・・・

DSCF9423.jpg




私を誘っています。
お膝に乗ってブラシしようね

DSCF9434.jpg



すたすたすた・・・
時々走ったりします(笑)

DSCF9437.jpg






 
スポンサーサイト
編集[管理者用] Trackback(1) Comment(4) 
2012.07.16/ 17:45(Mon)
私が米沢に来て、1週間になりますが、こちらも毎日蒸し暑い日が続いています


そして、
今日は、今年1番の暑さ

日中の最高気温は34度といっていましたが、

絶対もっと暑かった


だからでしょうか、ももが少しグッタリしています

去年までは、寒さこそ苦手でしたが、

暑さにはとても強く、1階の気温よりも2・3度は高いと思われる2階の自分の部屋で過ごし、

私が2階に行くと、すぐに出てきて、『みちもん、遅かったね、さあ、ブラッシングよ

とでも言っているように、大きな声で鳴きながら、私の先を歩いて、

寝室へと誘導して行くのですが、

今年は、ずっと押入れの中に入って、あまり出てきません


でも、食欲もありますし、お通じもいつもと変わりなくありますので、

調子が悪くて、元気がないという事でもないようです


不死身ももにも、かげりが・・・


夏バテを経験したかな


そりゃ、そうですよね。

今月で25歳に(おそらくですが・・・)なったんですもの



見た目は、まだまだイケていますが(笑)、歩く姿が全くおばあさんになりました


そして、耳がいけません

名前を呼んでも、手を”パンパンはたいても、大きな物音がしても、

耳を動かしたり、驚いて振り向いたりする様子がありません。

どうしたのかしらと、

「もも、どうした~、聞こえなかったかな」

と頭や背中にそっと触れると、すごく驚きます。

驚いて、怒ります

驚いて、

『止めてよ、ビックリするじゃないの』と、鼻にシワを寄せなが長鳴きして私を責めます




でも、でも、ももは全然平気よね

耳が聞こえにくくなったって、今まで通り生きていけるもの

とにかく、食べて寝て出して、好きなことだけして、生きていこう

今年も元気に、この暑さを乗り切るんだものね



もも
今度は、何歳を目標に頑張ろうか・・・




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



1日のほとんどを、この押入れで過ごします。
私が近づいても、名前を呼んでも、パンパンしても、
動く気配がありません

DSCF9292.jpg



夕方少し涼しくなってきたからでしょうね
押入れから出て、私の部屋に来てリラックス

DSCF9299.jpg



なんか、まだボーッとしてる

DSCF9304.jpg



ぼーっ

DSCF9305.jpg



そうそう、水分補給は大切です

DSCF9307.jpg



ここ、涼しいんだよね
爪とぎの上です。

DSCF9313.jpg


おまけ

私の膝に張り付くもも。
ベリッとはがさないと、いつまでもこのままです。

DSCF9263.jpg




 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
2009.11.10/ 16:36(Tue)
夫が気絶した時点で、壮絶バトルは終了です。 

夫は気持ちよさそうに(すみません。ケンカが嫌で、逃避のために寝てしまったんですもの、
気持ち良くはないですよね)眠っています。

ももは・・・

件の椅子に丸くなって眠っているももの顔を覗き込むと、私の気配を感じたのか、薄目を開けて私の顔を見ます。

「もう、終わった?」
とでも言ってるようです。。私を諭すように話をしているような顔に見えます。

「ケンカ、もういいの?

「もも、ゴメンね、みちもん、悪かった。うるさかったね

と言いながら、私も「もも」の頭や顔をやさしく撫でます。

「うん、もも、ビックリして、お昼寝できなかったよ

「そうだよね~、でも、あれは父ちゃんがいけないんだよー・・

「そうももにはみちもんの大きな声しか聞こえなかったけど・・

「あっ、やっぱりぃ~、ももちん聞いてたんだぁ~

「そんなに大きな家じゃないんだから、嫌でも聞こえますよ

「ひょっとして寝てるのかな~と思ったてたわ~

「あの状況で寝る人ってあまりいないと思うわよ

「父ちゃんだけだよね。あはは・・,

「・・・笑ってる場合

「ですよね、すみません・・・

「おせっかいかもしれないけどね、いい年して、もう止めてね、美容にもいいとは思えないわよ

「う・うん、そうだよね

「父ちゃんにもストレスになるでしょ?もっと、もっと頑張って、長ーく働いてもらわなくっちゃいけないでしょ」

「なるほど、おっしゃる通りです、反省ですね」

のどを鳴らし始めたももを抱き上げ、頬づりします

もう、踏んだりけったりです。

でも、ももちんに嫌われなくて良かった!とホッと嬉しくなる私でもありました。

ももよ、あなたはいつも冷静で、正しい判断ができるね偉い

すぐに、感情的になるみちもんとは大違いだ!
(一緒にするなって、怒ってる?)

しかし、それにしても父ちゃんよ!気絶のお芝居が通用するのは一度だけだかんね。覚えておいてね!

あっ、そうそう、忘れていました

犬のモモコは昔、父と母が言い争いをしていると、落ち着き無く部屋中を歩き回り、父と母の顔を交互に見つめ、最後に母に向かって「ワン!」と大きな声で吠えたそうです。

父と母のケンかも私達と同じで、だんまりの父vs攻撃の母だったのでしょうか





今日の写真は、脈絡なしです。
階下がとても気になるももです
CIMG0964.jpg



すみません。写真に変な事しちゃいました
CIMG1477.jpg



手手が長ーく見えるね
CIMG1545.jpg




今日は、ホタテじゃなくて、巻き貝が付いてるのかな
CIMG0351.jpg


ボケボケ・・・
これは、ただ、写真の腕がダメなだけです携帯だったからかな~(ウソ・・・)
どんなにすばらしいカメラでも同じです
せっかく、カワイイ表情の「もも」だったのに
momo1_edited.jpg
これは、2004年のももです




 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(1) 
2009.11.09/ 13:41(Mon)
私が大きな声で夫に何を言おうが、ももはびくともせずに、椅子の上で丸くなったままの姿勢を続けます。

おそらく、たとえ私が大声で叫んでもこの姿勢を続けたのではないかと思います。

今にして思えば、固まってたのかもしれません。

そこから別の場所に移動する事もありませんでした。

ももは、私が落ち着いて静かになるのを、ひたすら待っていたのでしょう。

最初はリラックスして、ゆったり丸くなっているももちんの体は、徐徐に固まって、小さくなっていくようでした。
(緊張して体を強張らせたんでしょうね。なんてひどい、お世話係りなんでしょう・・・)。

夫との決着がなかなかつかず、第2戦が勃発する頃になると、さすがに私も疲れてきます

夫はもっと疲れてしまうのでしょう。

そして、夫は気絶します
本当なんですよ。

うつろな目になって、ソファーの上に「ヘナヘナ・・」と座り込むんです(なんか、芝居がかってるなぁ)。

でも、最初はちょっと、ビックリ・・

どうしたのかと思い、「ちょっと、どうしたの?」と声を掛ける私。

「ち、ちょっと、気分が・・・」と夫。(でも、なんかウソっぽいなぁ)

「また、大袈裟なんだから・・」

と言いつつも私もちょっと心配になり、ケンカしていたという事から意識が離れていきます。

「ねぇー、大丈夫?」と私。

夫「・・・」

私「・・・」

少しの沈黙の後、夫の顔を見ていた私の耳に入ってきたのは、

「クー、プスー、スー・・」

何?なんなの?寝息?イビキ?

なんだぁ~ホントにいびきじゃんったくこういう時寝るかなぁもう・・・

と思いながらも、ホッと一安心する私でした。


そんなやり取りを知ってかしらずか、ももちんは相変わらず、「ここにいるのは私ではありません、
私のことなんか見ないでください」というように、静かに硬く丸くなっているのでした                                                                                                               

「かわいそうな、もも」は明日に続きます。




父の部屋に向かいます
CIMG1625.jpg


ドアを自分で開けようか、どうしようか考えています
CIMG1627.jpg



おっ、いいねぇ~開けようとしてるね、レッツ、トライ
CIMG1629.jpg
そうそう、チョイチョイして、少しずつね。そうそう、お手手をその隙間に入れて・・そうそう


あ、開いたね
CIMG1630.jpg
えらいね
やれば、できるじゃないの




再掲載ですが、2004年のももです
CIMG0199.jpg
ホットカーペットの上にいながら、ストーブも付けてもらっています


CIMG0200.jpg
あったかいのぉ~
よかった


CIMG0201.jpg



 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
2009.11.08/ 16:15(Sun)
前にもお話しましたが、ももはとてもその場の雰囲気が読める猫さんです


同居を始めた頃は私と夫もよくケンカをしたものです。

原因なんて、喧嘩が終われば思い出せないほど些細な事だったと思います。

しかしその時は興奮して熱くなっているので、大きな声を出して理屈にもならない事を言うわけです。

頭の中はもう、グチャグチャで、筋道立てた話などできません。(これは、主に私であります。夫が声を荒げるような事はありません・・)。


まあ、今にして思えば、私だけが熱くなっていたという事になるのでしょうか・・・

当時から、めったに、怒ることの無い私でしたので、(・・エヘッ、これはちょっと、ウソかもです・・)ストレス発散の為のケンカだったのかもしれません。

夫とももちんにしてみれば「えらい、迷惑!」ですよね。

でも一所懸命何か言っても、だんまりを決め込んでいる夫にますます腹が立ってくるわけです


「エッ、何よ、私がちゃんと話してるんだから、あなたも、何か言ってよ

「別に言うことないよ、何言ってるか、わけ分かんねーしぃ

「わけ、分かんねーって事ないでしょ!思ってることがあったら、何でも言えばいいじゃん

「メチャクチャだよな、まったく・・・

「何がメチャクチャなわけ!

とこんなふうに口喧嘩が始まるわけです。

時には、ももちんが寛いでいる一人用の椅子を挟んでのバトルです。


しかし、ももちんのすごいところはそこからなんです。           つづく・・・




お口に何かついてたの
これは、「舌」ですよー
CIMG1671.jpg
変なお顔になっちゃったね



やっぱり、眠いんじゃないの
CIMG1672.jpg



眠くなんかありません
CIMG1673.jpg
次の行動開始です



2004年のももです
CIMG0345.jpg
頬っぺたの貝殻再び・・・これは、ホタテ貝ですかな
頬づえついて、ため息ついてる「おじさん」みたいだよっ



 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(4) 
 
Copyright © 2019 二十歳猫 もも, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。