FC2ブログ
実家の米沢で、のんびり暮らす猫のもも。人の年齢なら百歳近いおばあさんですが、日々元気に過ごしています。そんな”もも”との日常を、ゆったりとつづっていきたいと思います。
http://michimon.blog84.fc2.com/
admin
 

プロフィール

みちもん

Author:みちもん
米沢市出身、米沢市在住。
家族は熊本県天草出身の夫が一人。

ももは、大きな病気や怪我をする事もなく、日々元気に過ごしていましたが、
2013年2月、突然のお迎えで、天国に旅立っていきました。
旅立つ時が来たから心臓が自然に止まったというような、静かで安らかな最期でした。
推定年齢25歳でした。

FC2カウンター

QRコード

QRコード

2012.04.11/ 09:06(Wed)
春が来ました


”お福”にも来ました

山にも、里にも、野にも来ました

土曜日、新宿に帰る前日、米沢の"小さい春”を見つけました。


4月だと言うのに、米沢は毎日のように雪が降り、

寒い日が続いていたのですが、

でも、やっぱり春は来ていたんですねぇ~




福は今日も元気

CIMG5045.jpg




庭の片隅に咲いた"クロッカス”です。
もう、何十年も毎年咲いてくれます。
えらいねぇ~

CIMG5016.jpg


こちらは、春爛漫です。

一昨日は暖かく、絶好のお花見日和でした。
夫と散歩がてら、新宿御苑に行って来ました。


汗ばんでしまうほどの暖かさ

DSCF8979.jpg




ほぼ、満開という感じでした

DSCF8981.jpg







DSCF8986.jpg

入場前に持ち物検査があり、新宿御苑は、本当にアルコール類の持込禁止になりました
お花見に来た人たちも、やはりお茶やジュースではイマイチ盛り上がりに欠けるようで、
何となく、お行儀のよい静かな雰囲気の中で、お花見を楽しんでいるようでした

桜を見ながら、御苑の中を30分ほど歩いてから、”大阪王将”へ
お昼からギョウザやレバニラ、マーボ豆腐など頂きながら、ビールをがーんと飲んでしまいました
それなのに、「もう少し、別なお酒も飲みたいね」なんて言いながら、
近くのカフェへ
オリーブをつまみながら、久し振りにドライシェリー(食前酒ですが・・・)とワインを飲んで、
ゆらゆら歩きながら、帰って来ました。

福の心配や、モモコのお世話で、3日ぐらいの間に体重が2キロ程減り、
なんとなく疲れも溜まっていましたので、すごくいい気分転換になりました
お酒もおいしかったぁ~
禍福は糾える縄の如し・・ってかぁ~(笑)


これから、また米沢です



 
スポンサーサイト



編集[管理者用] Trackback(0) Comment(4) 
2012.03.05/ 12:10(Mon)
明日から、私は米沢に行きます

福のお世話は、夫にバトンタッチ


今の福には体力をつけて欲しいと思い、

夜だけ、いつものカリカリと缶詰に加え、ササミを食べさせていたので、

夫に、

「夕ご飯にササミをゆでて、食べさせてあげてね

というと、

「これからずっと、夜のご飯の時に必ずササミとか刺身が付くって、

勘違いするといけないから、カリカリと缶詰だけに慣れさせた方がいいよ~」

と夫。

「そうよねぇ~、疲れて帰ってきてから、面倒くさいよねぇ~

とちょっと嫌味を言いながら、

『明日から福は、ご飯の楽しみが少し減ってしまうなぁ~』

と思う私でした。

また新宿に戻ってきたら、ササミゆでてあげるからね。

楽しみにしててよー


私が帰ってくるまで、元気でいてね






福の居場所はいつも同じところです。
寝室のベットの上、ベットの下、壁とベットの間、
そして、夫の部屋(物置になっていますが・・・)
まだ、リビングで寛ぐ事はありません。

CIMG4944.jpg



お腹が空くと、寝室から出てきて、ニャーと鳴いて、
ご飯の催促をします
食欲があるから、少しだけふっくらしたかなぁ~

CIMG4951.jpg



まだこのスタイルが落ち着くのでしょうか・・・
時々、こうしてジッと様子をうかがうようにしています。

CIMG4953.jpg



朝ごはんが済むと、寝室ではなく、夫の仕事部屋に急いで行きます
(物置になってしまった仕事部屋
ダンボールやら、書籍やら、書類やら、音響の機材やらで足の踏み場もありません
だからいいのでしょうね。
初めてのシャワーの後も、そうでした。
隠れるところがたくさんあって、落ち着く事ができたのでしょう。
捜すのが大変でした。
米沢にいた時の隠れ家も、こんな感じだったのかもしれませんね。

CIMG4954.jpg



福はまだ夫を怖がります
鼻や目を拭いたり、薬を飲ませるために拘束したりするので、
夫を避けながら、急いで移動します(笑)
でも、夫が寝るとお腹の上に乗って寝たりするんですよね。
不思議です
こうして、おとなしくなでられている事もあります。

CIMG4960.jpg






ももも、ぬくぬくです

CIMG4911.jpg




布団のなかで、ぬくぬくです

CIMG4925.jpg




腕枕の中で、ぬくぬくです

CIMG4931.jpg




 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(7) 
2012.03.02/ 15:27(Fri)
仮名を"福”と付けた猫を捕獲して、今日で1週間になりました


捕獲した時に病院で、猫カゼの抗生剤を打っていただきましたが、

その後も1日中くしゃみと鼻水を繰り返し、呼吸も苦しそうなので、

昨日、猫専門の病院に行ってきました。


目や鼻をキレイに拭いてから目薬、

健康・栄養状態が悪いので、ビタミン剤等の皮下輸液を点滴、

猫カゼの注射を打って、飲み薬(抗生剤・消炎剤)を頂いてきました


"福"は先生に「寒い米沢で、よく5年も生きてきたね、えらいね」と褒められ

更に私達には、

「栄養を摂って、体力がつけば、まだまだ猫カゼなんか跳ね返す事ができますよ。

今は猫カゼの方が勝っていますが、治療して、食べて、ゆっくり過ごして元気になれば

症状は安定していきますよ」

と、嬉しいご説明を頂き、夫と共にホクホク顔で帰ってきました

(今日はくしゃみもあまりしませんし、鼻水も少なくなってきたような気がします)


また、福は仔猫を生んだ事もあるそうです

避妊手術は、体力が付き、3キロ以上にならないとできないので、

おいしいものを食べさせて、肥らせてからという事になります(笑)

親身で、説明も丁寧で分かりやすく、何よりも猫さんにやさしい先生

これが1番ですよね。。。




シャワーの後、まだ毛が乾いていません。
でもこの後、夫の仕事部屋の本棚と壁の間の隙間に隠れ、
出てきません。
2時間ほど待ちましたが出てきませんので、ササミでさそって・・・
ようやく、救助。
やっぱり、食べ物には勝てないね

CIMG4938.jpg



お腹が空くと、私達の顔を見て鳴きます

CIMG4940.jpg





ちょっと~、目つき悪いんじゃないの~(笑)
性格はいいんだけどね
目が小さくて奥目ちゃんで、決して美人さんとは言えませんが、
それすらもいとおしく可愛いく思えます

DSCF8285.jpg



本当におとなしく、おりこうさんで、
手の掛からない仔です(今のところ(笑))
トイレの失敗もありませんし、お腹が空いても、
私が起きるのを待って”ニャーン”と、か細い声で鳴いて、
おねだりします(今のところ(笑))

DSCF8287.jpg




 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(6) 
2012.03.01/ 17:16(Thu)
昨日の続きです。。。


25・26日の土日、夫は仕事が入っていましたので、金曜日中に新宿に戻る必要がありました

24日が捕獲最後のチャンスとなります。

この日に見つけることが出来なければ、諦めるしかありません。

しかし、「捕獲できないから次回にしようか」の"次回"がこの猫には無いように私達には思われました。

何とか見つけ、とりあえず新宿に連れて行くしかないと、

夫は朝からスーパーの入り口周辺を何度も見に行きます。


”捕獲した後どうすんの

という声がいつも聞こえていましたが、それはその時のこと、捕獲した後で方法を考えればいい、

今目の前にいるこの猫を放っておくわけにはいきませんでした。



いつもの場所になかなか現れず、『早くおいでよ、これから幸せにならなくっちゃダメでしょ』

と心の中で何度も囁きながら、祈る思いで待ち続けます。


新宿へ出発の時間が迫ります。

もうダメか・・・と暗い顔になる私に、夫は

「時間は気にしなくていいよ。明日の仕事に間に合うように帰ればいいからさ」

と一言。

ホッとしました

ありがとね


14時、ようやくいつもの場所に現れたところを捕獲。

飢えのため、夫が差し出したカリカリにすぐに歩み寄ってきます。

食べているカリカリの器を、そのままキャリーの中に入れながら、

猫を奥のほうへ誘導。

あまりにもあっさり、簡単に入ってくれて、ホッとしたと同時に拍子抜けしてしまったほどでした。

帰りの荷物は既に車に積み込んでいましたので、猫のキャリーだけを入れすぐに出発。


ももが行きつけの動物病院の診察開始(午後の)まで、まだ少し時間があったので、

ホームセンターでケージ、ペットシーツ、カリカリ・缶詰などとりあえず必要なものを買って、

病院へ。


猫エイズ、白血病検査、ノミ・ダニ駆除、猫カゼ皮下注射、回虫、耳ダニなどを検査。

エイズ、白血病は嬉しい事にどちらも陰性。

耳は汚れていたものの、ダニもなし、お腹に虫も飼っていませんでした。

性別はメス。年齢は推定5歳。体重2,8キロ。

猫カゼ、体力が無い事、痩せっぽち以外は概ね健康との事で、一安心

一路新宿へ



明日に続きます。



ようやくシャワーをしました

大暴れする事はありませんでしたが、
力の限り鳴き続けました
しかし体力がありませんので、すぐに静かになり、しゃがみ込んでしまい、
大丈夫かと心配になってしうほどでした。

DSCF8220.jpg



おーっ、キレイになったね
やっぱり白い猫だったんだねぇ~(笑)
(でも、1回のシャンプーでは5年間の汚れは落としきれず、
薄汚れている箇所があるんですよね・・・少しずつだね)

DSCF8213.jpg



大人の猫ですが、2,8キロしかないとちっちゃいし、軽いわ~

DSCF8223.jpg



さあ、今度はご飯をいっぱい食べようね。
何がいいかな~
ササミもあるぞ~

DSCF8217.jpg






 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
2012.02.29/ 15:08(Wed)
2月14日に米沢に行ってから、4日程たったある日の事です。


隣のスーパーマーケットで、いつものように買い物を済ませて出てくると、入り口の横で、
(ここに、小さいベンチが1つ置いてあって、買い物客が飲み物を飲んだりできるようなちょっとしたスペースがあるんです)

寒さから身を守るように、ギュッとうずくまり、ジッとしている野良猫を発見


飢えと厳しい米沢の寒さで、元気もなく、若くもない白い野良猫です。



それを見た買い物客は、

「汚い!病気持ってるみたいだ!食べ物を売る店にこんなのがいたら、不衛生だからなんとかするべき

とあからさまに苦情を言う人や、

「イヤねぇ~」と、汚いものを見るように顔をしかめながらその場を通り過ぎる人ばかりだったと

24日捕獲する時に、店の従業員の方が話していらっしゃいました。

(実際、本当に汚くて、猫風邪に感染しているらしく、顔は目やにやら鼻水で汚れ、毛は黒くかたまり、

痩せていて・・・これじゃ苦情出ても仕方だろうなぁ~・・・)

中には、こんな風になってしまった野良猫を『かわいそう』と思った人もいたのでしょう。

猫缶やウインナーソーセージや、揚げ物の惣菜等の差し入れを食べている姿も目にしたことがありました。


『これはまずいぞ、汚い猫がいるだけじゃなく入り口まで残飯で汚れていたら、ますます衛生面で問題になって、

さらに苦情が増えるのも時間の問題。そうなれば店の責任者は保健所に連絡しなければならないだろうし・・・』

といろいろな考えが頭の中をグルグル駆け巡りましたが、何せ私は猫を捕獲した経験も無く、

弱っているとはいえ、いざとなれば逃げてしまうだろうし、う~ん、これは困った


しかし、幸い21日の火曜日には夫も来てくれる予定なので、その時に相談しよう。

それしかないなと思いました。

まぁ、今回は”相談”というより、「捕獲よろしく!」という事になるのでしょうが・・・


夫よ早くこーい

大変な事になってるぞー

時間がないぞー

どうか、間に合ってくれぇ~



明日に続きます。






捕獲当日の写真です。
ひもじさで、人に近づいて来て、餌をねだります。
とっても、フレンドリー
か細く鳴きます。キレイな声です。かわいい

DSCF8204.jpg


ご飯くれるの?
ご飯ちょうだいよ~。

DSCF8208 - コピー


この日は、晴れ
でも、風が強く、寒い

あまり歩く事も無く、こんな格好でジッとしています。

DSCF8207.jpg

ノミや猫風邪はもちろんだけど、ウイルス感染もあるんじゃないかなぁ







元気なももの様子はコチラです見てくださいね。

おっ、ちょっとカッコいいね

CIMG4886.jpg





CIMG4891.jpg



トイレの後のスッキリ顔です

CIMG4905.jpg

同じ猫さんなのにねぇ~、心が痛むし、怒りも感じるなぁ~





 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
 
Copyright © 2019 二十歳猫 もも, all rights reserved.