FC2ブログ
実家の米沢で、のんびり暮らす猫のもも。人の年齢なら百歳近いおばあさんですが、日々元気に過ごしています。そんな”もも”との日常を、ゆったりとつづっていきたいと思います。
http://michimon.blog84.fc2.com/
admin
 

プロフィール

みちもん

Author:みちもん
米沢市出身、米沢市在住。
家族は熊本県天草出身の夫が一人。

ももは、大きな病気や怪我をする事もなく、日々元気に過ごしていましたが、
2013年2月、突然のお迎えで、天国に旅立っていきました。
旅立つ時が来たから心臓が自然に止まったというような、静かで安らかな最期でした。
推定年齢25歳でした。

FC2カウンター

QRコード

QRコード

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
原因不明の鼻詰まりから来る食欲不振の為、福は11月末から2週間程入院していました。

鼻詰まり症状が顕著だったので、最初は感染症の治療と栄養剤の点滴を続けていましたが、

回復の兆しが見られないので、さらに検査をして原因を調べる事になりました。

レントゲンや心電図を撮ったり、何度か血液検査もしましたが、どこにも異常は見られませんでした。

鼻詰まりはあるが感染症ではないので、腫瘍などがあるために鼻が詰まるのかもしれないという事で、

内視鏡検査もしましたが、腫瘍もガンもありませんでした((´▽`) ホッ)

酸素室で過ごさせて頂いたり、ネブライザー処置をして頂いたりしましたが、

さほど効果が見られなかったこともあり、

「福ちゃんの為にも気分転換がてら夜はお家に泊まって、次の朝、病院に帰ってくるという事をしばらくやってみましょうか」

という先生の提案で、病院と家を往復する日々が退院までの1週間程続き、

その間は、炎症を抑え免疫力制御のため、ステロイド投与の治療となりました。

1週間のステロイド投与が功を奏し、福の食欲は2日程で回復してきました。

食欲が出て食べられるようになれば、もう大丈夫!と先生からお墨付きを頂き、

福は無事退院することができました。

結局、原因は明確にはなりませんでしたが、

やはり、急激な環境の変化によるストレスからきたものではないかなぁと思いました。

福、ゴメンネ

退院してからはすこぶる元気で、今まで以上に食欲も旺盛で私達を安心させてくれています。


福、こむぎ、茶々との関係にも少し変化が見られます。

”すごく仲良し”じゃなくても、毎日いがみ合ったり、本気のケンカをしたりという事さえなければ、

いいのかもしれませんね。


皆さま、1年間本当にありがとうございました。

どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。





福の隣に来たがります(笑)
福、迷惑そう・・・
ギリギリの場所で、小さくなっています

DSCF2857.jpg




毛繕いもできるようになったね。
元気になった証拠
本当によかったねぇ~

DSCF2859.jpg




カリカリも催促します
でも、消化器サポートは食べないと決めたみたいです
困った・・・

DSCF2864.jpg



こちらは残念な漢、茶々坊

DSCF2553.jpg




暖かいから水槽の上が大好き
笑っています(笑)

DSCF2624.jpg



水槽の上で温まる親子・・・夫は大丈夫だよと言いますが、6キロあるからなぁ~

DSCF2660.jpg




こんなふうに寝ていることもあります
いつもこうだといいんだけど・・・

DSCF2657.jpg




”良いお年をお迎えくださいねとご挨拶するこむぎ”
という感じでしょう~

DSCF2618.jpg
コンパクトで可愛いんですよー


 
スポンサーサイト
Category: 福の通院記録
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
2014.10.17/ 12:27(Fri)
少し時間はかかりましたが、お薬も目薬も、しっかり使い切る事ができましたので、

昨日、病院に行ってきました

診察の結果は、

点眼と抗生剤、頑張りましたので、鼻水やくしゃみもなくなって、

猫ヘルペスウイルス感染症の症状は、改善されていました

ただ、 涙と同時に脂を分泌するマイボーム腺が、まだ完全に機能していないという事で、

引き続き、目薬を継続しなければいけません。

そこで、夫にまた試練が・・・

今までは、私たちもよく使う液状の目薬でしたが、今度は、〈エコリシン目軟膏〉という”軟膏”に変わりました。

指先に軟膏を少し付けて、目じりの下瞼に乗せ、それを目の中に入れるために、

上下の瞼を指で閉じたり開いたりしながら、クルクル、モミモミ、マッサージを繰り返し、お薬をなじませる、

というものです

ようやく、”点眼お父”になれたと思って喜んでいたのですが、

液体の目薬とは、少し勝手が違うような・・・

先生がお手本を見せてくださいましたが、果たして、そんなにうまくいくものか・・・

と不安げな表情の夫殿(笑)

「でも、目に薬を入れるという基本は、今までと同じだから平気よ~

等と、1度も点眼したことがない私に背中をドカンと押され、

「うん、まぁな、やるしかないもんな」と、すぐに前向きになる夫でした(笑)


1か月早かったのですが、ついでに3種混合ワクチン接種もして頂いて、帰ってきました(安心します)。

病院から帰ってきてからは、いつもと変わらず元気いっぱい食欲旺盛で、私たちの方が驚いてしまったほどでした。

でも今日は、さすがに朝からカリカリも食べず、抱っこやブラッシングのおねだりもなく、ニャーニャー鳴くこともなく、

静かな場所で眠っていました・・・が、

先ほどから、鳴きながら、あちこち移動を開始したようです


夕方には、いつもの福が戻ってきそうです







病院に行く前の福です。
何も知らずに、笑っています

DSCF1671.jpg



くつろいでいます・・・

DSCF1672.jpg



ちんまりと・・・

DSCF1678.jpg




遊びたいの

DSCF1673.jpg
元気に長生きして、ずっと楽しく過ごそうね

 
Category: 福の通院記録
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
2014.09.23/ 22:14(Tue)
元気いっぱいの福ですが、目の汚れが、なかなかキレイになりません

左の目が、いつも涙目で、乾くと黒っぽくなってしまいます。


かかりつけの病院より、もう少し設備の整った病院を、いくつか調べ、

そのうちの一つに腫瘍科や、白内障手術も行っている眼科のある総合病院を発見

セカンドオピニオン等の専門診療を行っており、患者さんにも評判の良い病院のようでした。


行ってきました

時間をかけての丁寧な診察と、複数の検査をして頂いた結果、

診断は、猫ヘルペスウイルス感染症(猫ウイルス性鼻気管炎)という事でした。

また、猫風邪に掛かってしまったようです。

ヘルペスウイルスに感染しているために、結膜浮腫と、マイボーム機能不全を起こしているそうです。
(マイボーム腺というのは、涙の成分である水分と同時に脂を分泌する腺だそうです)

目が乾かないように出る涙の成分は、水と脂なので、水を分泌した時に同時に脂が分泌されないと、

膜になって、目の表面を潤す事ができずに、水分だけが流れてしまうらしいのです。

だからいつも、左の眼だけ涙が出ていたんでしょうね。

ワクチンの接種をしていても、何かストレスがあったり、 食欲が落ちたり、

元気がなかったりすると、免疫力が低下し、 猫風邪が再発する事があるそうです。

目薬(抗生剤、消炎剤、インターフェロン含有)と、飲み薬(抗生剤)で治療する事になりました。

2週間後、経過を見て頂くために病院に行きます。

早く良くなることを祈りつつ、目薬(夫)と、投薬(私)で、頑張っています。

昨日は、今までより、すんなりと点眼する事ができ、夫大喜びでした。

ひややっこうさんのご主人が、ネコさん達に点眼なさる時のお話を参考にさせて頂きながら、頑張っています

こうして、いやいやながらも、少しずつ慣れてくれるといいのですが・・・



毎日、不快なことがなく、気持ちよく快適に過ごして欲しいですものね。


明日も頑張る!と張り切っている夫に、感謝の毎日です。





朝日を浴びる福
ちょっと、カッコいい・・・でしょネコさんみたいで…(笑)

DSCF1575.jpg




爪とぎの前で、ペロリ

DSCF1573.jpg



また、タワーに登って、爪とぎができて、嬉しいね
目が少し、キレイになってきました。

DSCF1574.jpg



スリスリ、ヌリヌリ楽しそう・・・

DSCF1571.jpg



毛繕いもして、キレイになってね

DSCF1572.jpg



良かったね・・・

DSCF1563.jpg






 
Category: 福の通院記録
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
2014.03.10/ 15:30(Mon)
肝機能を改善するための薬を、1か月飲みましたので、

血液検査の為、病院に行ってきました。


お薬の効果が出ているといいなぁ~・・・


頑張って、食事制限もしたから、体重も減っているといいなぁ~、

カリカリも消化器サポートに替えて、お通じもしっかりしてきたから、

お腹もキレイになっているといいなぁ~・・・


いろいろな思いを胸に,行ってきました・・・

結果は~


ジャガジャン

肝機能の数値が、正常値になっていましたー

お薬が効いたんですねぇ




福が”頂戴、頂戴”というのを我慢させ、

缶詰も、添加物や保存料を使用していないものに替え、

カリカリも、お通じをよくする消化器サポート食に替え、

根性入れて、40日間頑張ってきた甲斐がありました。


このまま食生活に気を付けながら、経過を見るという事になり、ホッとしています。


ただ1つ残念なのは、体重が殆ど減っていなかったことですが、

検査の結果、肝機能も正常になり、他に異常もなかったので、

ダイエットは、福のストレスにならないように、続けていこうと思います。


皆様、ご心配いただきまして、本当にありがとうございました。








珍しいね・・・
お父ちゃんの肩車

DSCF0806.jpg




気持ちよさそうだねぇ~
高い高い抱っこは、怖くてイヤだけど、
お膝ならかな

DSCF0832.jpg



おっ、珍しくカワイイかもよ

DSCF0824.jpg




そこで、寝るんかい

DSCF0827.jpg



”お手”くれるの・・・
つまらなさそうなお顔してるよ

DSCF0817.jpg



バシッ

DSCF0816.jpg



今度は何して欲しい
もう少し、遊ぼうよー
体を動かして、少しでも体重減らさなくちゃ

DSCF0818.jpg



 
Category: 福の通院記録
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(4) 
2014.01.29/ 17:41(Wed)
鼻水と涙がでるので、病院で診察を受けた際に、1年ぶりに血液検査も受けた福。

その結果、肝機能の数値が悪くなっていて、ビックリ

そして、ガッカリ

念のため、レントゲンと超音波も撮ったのですが、お腹の周りの脂肪も厚さを増していました。


福は、肝機能低下の症状は全く出ていませんでしたので、

1か月間、肝機能upのための薬を飲んで様子を見る事になりました。

薬を飲み切った時にもう1度血液検査をします。


また、この年齢にしてはウ〇コの量と回数が少ない事にも原因がある場合があるので、

今後は、消化器サポート食を中心に食べさせ、正常な排泄を心がけていく事になりました。

肝臓サポート食を併用する必要はないそうですが、今後は本気のダイエットにも挑戦です


福、もも姉みたいに長生きする為に、今から頑張ろうね

お母ちゃんも心を鬼にして、福と一緒に、ダイエット頑張るぞー





昨日も、今日も明日も明後日も、元気に遊ぶ福・・・

DSCF0699.jpg




デカい手

DSCF0702.jpg



私が編み物をしていると、棒針を取っていったりします
ひどい・・あんまりですよー

DSCF0688.jpg



テンションが上がって、私の足にケリを入れたり、
カプカプ噛んだりしています

DSCF0693.jpg



やめろ~、止めろ~、調子に乗り過ぎだぞー

DSCF0696.jpg
:なに~、その耳
:くっさ
:自分から足に抱き付いているくせに、失礼だろー



今晩のおつまみ

DSCF0597.jpg
夫が食べるのは、カプレーゼだけ
クサの座布団は食べません。
私がもっぱら、ウサギさん役です


 
Category: 福の通院記録
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
 
Copyright © 2019 二十歳猫 もも, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。